« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年6月2日 - 2013年6月8日

2013.06.03

東横デハ6と叡電デナ1

さて、「罪庫の意識を薄らげるため」と「吊掛モータ搭載候補を増やす」ことを
目的にした、「人類組みかけ電車製造計画」もいよいよ大詰めである。

マスターピースの難関 x 2を突破して、いよいよこの2両である。

まず、乗工社の東横デハ6である。

Mon10_20130603
 パーツがはっきりしていて数が少ない!

Mon11_20130603
 なんという組み易さ! あっという間にここまで!!

Mon12_20130603
 瞬く間に箱になったデハ6

それにしても、このキットは驚異的に組み易かった。
あっという間に箱になった。

さて、次である!

Mon13_20130603
 ホビーモデルオカの叡電デナ1

Mon14_20130603
 組み易い!と思っていたが、窓枠が凝っていてハンダ付けが!

カッチリしたキットなので、組み易い!と作業を進めるのだが、前面の窓枠が
きついカーブに合わせて凝った形のものをハンダ付けするようになっていて、
これが結構大変である。

Mon15_20130603
 これも「カンピュータ制御によるハンダ付け」で突破!

結局、「適当にこの辺りに仮止めしよう」という、長年のカンピュータで窓枠を
ハンダ付けするのも克服する。

Mon16_20130603
 ロストのおでこの精度に若干の問題あり

バッチリ!かと思ったロストのおでこが、若干ガリガリを削る必要があった。

Mon17_20130603
 これで2両が「箱」になった

ということで、メディアリンクの南海タマゴ電車のWルーフを組む時間で
2両が箱になった。

あ~、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターピースの南海タマゴ電車(原型)を組む(2)

さて、久々の超難物、マスターピースの南海タマゴ電車である。

ここでくじけると・・なので、続いて一気呵成にWルーフを組む!

Mon2_20130603
 ロストのおでこ+エッチング板を曲げるという構成

う~ん、この下段の細い屋根をどうやって曲げるんじゃい!(怒)と思いつつ、
作業に入る。

Mon3_20130603
 上の屋根は簡単だ!

エッチング板を組むためには、常日頃からこういう丸棒や角棒を各種揃えて
おくのがコツである。
幅のあるものはいいのだ。
問題は・・

Mon4_20130603
 下段の細い方をとりあえず・・・

下段の細い方の屋根を、この幅の無いものを・・(込み上げる怒り)
とりあえず、細い棒でやってみると・・・グニャグニャになる(号泣)
この方法はダメだ。

Mon5_20130603
 結局、万力で挟んで角材でじわじわと曲げていく

第2弾!の攻撃。
こういう幅のないものは、端をガッチリと咥えて、もう片方にじんわり力を
加えてジワジワと丸くしていく方法がある。
結局、これが正解であった。

それにしてもこのキット、「あと1,000円取っても屋根板は曲げ済」にしてもらえない
のだろうか?
この硬い板を丸めるのは結構(いや、強烈に)大変である。
失敗すれば、25,000円のキットがパーになるのだ。

Mon6_20130603
 苦労の末に、屋根を組むのだが・・

さて、ここまでに1時間くらいかかって・・・Wルーフを組み始める。
ここで・・・この画像を見てなにか気が付かないか?(遠い目)

Mon7_20130603
 モニタールーフを逆に貼っていた(号泣) 外すとグニャグニャに・・・

さて、いよいよフィニッシュ・・・・あれ?
な!なんと!!モニタールーフ部を逆にハンダ付けしている!(号泣)
あ~!なんたる失態!

結局、ハンダを外したらグニャグニャになった(遠い目)
泣きながら、修正すること1時間・・・

Mon8_20130603
 猛烈な苦労の末にWルーフ完成!

Mon9_20130603
 どうにか車体完成、しかし・・・・

それにしても、最近凡ミスが本当に多い。
なにか疲れているのか?=>自分
どうにかこうにか車体は組みあがって「お、いい感じ・・・あれ?」
そう、屋根がスェイバックしているのである。
あ~、もうなんだかなぁ~、である。

ま、ということで、超難物キットどうにか「組みかけ化完了」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.02

マスターピースの南海タマゴ電車(原型)を組む(1)

色々とやっているのだが、ブログ更新が面倒でサボっていた。

さて、6月になっても「組みかけ製造月間」は続いている。
(っていうか、完成しろよ!=>自分)

再生産したという、南海たまご電車のキットを入手。
実は他に2両「組みかけにしたい車両(お~い)」があるのだが・・・

Sun1_20130602
 最新のキットは箱がペッタンコだ

Sun2_20130602
 さっそく組む。 ウィンドシルの細い線が・・・

今ひとつ「どう組むの?」という疑問を感じつつ、側板を組む。
ウィンドシルの細い線(エッチング)がヘロヘロで、ハンダ付けしても私には
カッチリさせられないので、あっさり洋白0.4φに置き換える。

Sun3_20130602
 淡路601と違い、5角形の前面内側は別付け(これが判りにくさを・・)

側面を組んで、いよいよ箱にする。
それはいいのだが、淡路601と違って複雑な形状の5角形の前面が別付けで
構造が???である。

Sun4_20130602
 どうやって前面を付けようか?とやっていたら、床板取付分を・・

どうやって前面つけようかなぁ~、と立てかけていたら、床板取付部を
グンニャリと曲げる(遠い目)
ああ、このキット凄く難解だ(南海電車だからねぇ(笑点かい!=>自分))
修正に結構時間かかる・・・・

Sun5_20130602
 エッチング板組むには、こういう丸い棒をいっぱいストックしておくのがコツ

Sun6_20130602
 どうにか箱になったが、Wルーフまで到達できず

なんだかんだと大変だったこともあり、なんとか箱にしたところで時間切れ。
この南海たまご電車のキット、前作の淡路601よりかなり手ごわい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »