« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »

2013年9月8日 - 2013年9月14日

2013.09.14

ジョン・アレンさんの本(G&D Railroad)

今週はなぜか大阪出張があった。
ビジネスパークで昼食の後、ふと見ると古本市をやっていた。

Sat3_20130914
 この本を発見!

本をあれこれと見ていると「あ!これは!」と見つけた。
JOHN ALLENさんの本である。

帰りの新幹線の中でしみじみと読む(注:英語なのでボンヤリの理解ですが)
と、レイアウト制作は最初が1944年(え?WWII中ですよ!)で、あの偉大な
G&Dの第一期となる「定尺ベニヤ板サイズ」のものが1946年(え?)着工という
「聞いてはいたが、こうやって書籍で見ると感動」の数々を読むことが出来た。

それにしても驚いたことがある。
写真に出てくる車両やアクセサリー群である。
あの有名な「ドックサイドタンク」もある。
う~ん、戦中戦後にこの充実した製品群が・・・・
米国の底力を感じる・・・
といいつつ
”Starting from scratch -no kits!-” とあるのだが、え?これって・・
(ああ、乏しい英語能力)。

偉大なるG&Dの1946年~1978年という「歴史本」はそれにしても凄い。
 1946年に着工
 手前の駅部分が少し出来てきたところでターンテーブルが手前に(1948年)
 さらに路線延長+ナローゲージ
 そして最終的なあのG&Dへ
と変化していくのである。
レイアウトに完成なし・・・進化の歴史はかなり読み応えがある。

それにしても、1946年着工の「定尺ベニヤサイズレイアウト」が、最後まで
中心部分に残っている(本線でも支線でもなく景色となっても)のは
なるほど・・・・と感動した。

ああ、レイアウト作りたい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.08

S&W No.2

昨日「いよいよ林鉄レイアウト検討か!」とネタを振っておいて違うことを
するのが私らしい。

ず~っと前に書いたと思うが、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」を見るまでは
銃器関係にほとんど興味が無かった。
「龍馬伝」の中で龍馬が高杉晋作からもらった銃が「なんでこんな古臭い銃なんだ?」
と思ったのもさながらだったのだが、お龍さんがその拳銃をパンパン打つ
のを見て「お龍さんって、パーカッション式の火薬入れて銃弾ぎゅーぎゅー詰める
のを出来たんだろうか?」という疑問を解くために、この拳銃について調べ始めた
のが・・・きっかけとなった(遠い目)。

Sw_no21_20130908
 マルシンの「坂本龍馬の銃」という、ストレートな商品名!

結局、興味はあったものの、実は案外初期のS&Wの拳銃の資料はなく、
製品もマルシンの「坂本龍馬の銃」という、ストレートな名称のものが昔発売に
なっていた・・・という状況であった。

ここで、簡単にS&Wの起業当時の話。

ホーレイ・スミスはスプリングフィールドで造兵廠に18年勤務。
ダニエル・バイアード・ウェッソンは兄が銃砲店を経営しており、
そこで銃器の製造技術を学ぶ。
2人は、最初に企画したのは弾頭に発射薬を仕込んだボルカニックを
使った銃を生産しようとしたがなかなか起業出来ず。
すると、企業家(投資家?)のウィンチェスターが出資を申し出る。
結局、レバーアクションライフルはウィンチェスター、ボルカニックから発展した
リムカートリッジ弾を使った拳銃はS&Wということになった。
初期のカートリッジ弾は薬莢の強度の問題などもあり、22口径の小口径タイプ
のNo.1が製品となった(1857年?)
参考文献:
 ザ・ファイヤーアームズ 床井雅美 著 (株)大陸書房 発行
 歴群「図解」マスター 銃 小林博昭著 (株)学研パブリッシング 発行

Sw_no22_20130908
 シリンダーを外してカートリッジを入れる形式

No.2は36口径である。
Model No.1、N0.1 1/2、No.2はシリンダーを外して装弾するもので、
前ヒンジの形式である。
ちょっと強度に疑問も感じるが、モデルガンの場合は装弾してシリンダー
をフレームに入れようとしたときに、うっかりフレームを下にしてシリンダを
入れようとすると弾がバラっと落ちてかなりイラっとする(笑)
やはり、まだまだ初期の製品だったのだと実感した。

Sw_no23_20130908
 シンプルな機構

弾丸がカートリッジ式である以外は、機構などはシンプルなものである。

Sw_no24_20130908
 長年の疑問「バレルの下の棒はなんだ?」が解けた

「龍馬伝」でNo.2を見て「バレルの下の棒はなんだ?」という疑問を持った。
結果としては「カートリッジ交換時にシリンダに張り付いたカートリッジを
突いて出す棒」であることが判明。
判ってみれば簡単である。

ということで、それなりに疑問解決。

次はいよいよ、26年式の元になったModel No.3か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月15日 - 2013年9月21日 »