« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2013年11月17日 - 2013年11月23日

2013.11.19

α7でヘンテコレンズ

フルサイズ版ミラーレスデジカメのα7のおかげで、こんな変なレンズの写りを
確認出来る。

Tue3_20131119
 ダルメイヤーの引き伸ばしレンズとウォレンサックの35F3.5

黒い鏡筒のものがダルメイヤーの引き伸ばしレンズの50F3.5(英国)。
平たい方はステレオカメラ(なのでレンズは2本あった)に付いていたもので
ウォーレンサックでは珍しい?35F3.5である(米国)。
ステレオカメラ用なので、24x24だと思うが、35mm版をカバーしているような
気がする。

いずれも「たぶんフルサイズOKだろう」と思っていたものの、なにしろフランジバックが
短いのでLeicaでしか使えないものの、カムに対応していないので撮影が
面倒で、結局「写りが良いのか?悪いのか?判らん??」という状態であった。

それがようやく確認出来る。

Tue4_20131119
 Wollensak35F3.5 絞り解放

Tue5_20131119
 DALLMEYER50F3.5 絞り解放

よしよし、良い感じだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.11.17

SONY α7

待ちに待っていたタイプのデジカメが発売になった。

Sun16_20131117
 ついに出た!ミラーレスのフルサイズ版!!

マジメな写真好きというより、「古いレンズを使って遊ぶ」というタイプの私に
とって、ミラーレスで35mm版フルサイズの素子を使ったものを待っていた。
(そのために、NEX-7を買ったという説あり)
それがとうとう発売になったのである。

私の場合、フルサイズ版のレンズも欲しかったし、なによりも「予算」の関係も
あるので、α7を購入した。

Sun15_20131117
 フルサイズで使いたい!と長年思っていたレンズをテスト!

ウチにはLeica M9もあるし、通常の1眼レフタイプのデジカメはあるので、
大抵のものは「フルサイズ対応済」なのであるが、最期まで残っていた
 ・KODAK Ektra用のEktarレンズ
 ・ALPAのレンズ
がついに対応になった。
この2機種用のレンズは「このカメラ用しかない」のである。

Sun7_20131117
 Ektar35F3.3 絞り解放 後ボケがやや激しい?

Sun8_20131117
 Ektar35F3.3 絞り解放 野生を取り戻したチョコ君

NEX-7ではなかったことなのだが、α7でEktarレンズを使うと、
気持ちハレーションが出ている?という感じになる。
まあ、それは後で補正を若干かければいいだけなので大きな問題ではない。
NEX-7でも使用可能なEktarレンズであるが、35mmは特に「広角レンズっぽさ」
が感じられないのがストレスであった。

Sun5_20131117
 Kinoptik100F2 絞り解放 意外に後ボケはおとなしい?

Sun6_20131117
 Kinoptik100F2 絞り解放 このレンズがα7と相性が良い?

このレンズもALPAにしかなく、写りがまたなんとも言えない感じである。
このカメラ用のレンズは本当にそういうものが多いのだが、フランジバックが
短いため、フルサイズで撮影が出来なかった。
さっそく使ってみると、このレンズは「α7と相性が良い」ようで、撮影したままで
補正なしでいけるのが面白い。

普通に「純正レンズ」を使うのではないので、この2日ほどあれこれと試して
どうにか使えるようになってきた。
しばらく遊べそうだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年11月10日 - 2013年11月16日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »