« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013年2月24日 - 2013年3月2日

2013.02.24

新型吊掛モータ(の試作品)

先週と今週は、鉄道模型以外の趣味のちょっとしたまとめをやっていた。

そうだったのであるが、こういうものを「試してみる?」と受け取った。

Sun4_20130224
 新型の吊掛モータの試作部品

今までのものとは違うタイプの吊掛モータのパーツである。
エッチングパーツで折り曲げて使う。

この形式、実は面白い特徴を持っている。
複数のギア比に対応しているのである。

Sun5_20130224
 9:24(8.5φの車輪用)ギアはギリギリで届かない

Sun6_20130224
 9:28(9.5φ車輪用) 余裕で使える

Sun7_20130224
 9:30(10.5φ車輪用) もちろん大丈夫

大径のギアの丁度いいのがないので試していないが、感覚的には34枚くらい
まで余裕のようである。
このように、1種類の金具?であらゆるギア比に対応出来るのである。
これは素晴らしい。

Sun8_20130224
 端子側は接着。 組むとこんな感じになる。

さて、どのギア比で?と考えた結果、結局無難に9:30で組んだ。

組立てはもちろん簡単である。
まず、ピニオン側でギアの位置を合わせてネジ止めする。
そして、端子側は接着する。

ところで、この組立では端子を従来のパーツで延長しているが、製品版は
専用のもっとカッコイイ専用のパーツになるそうだ。

Sun9_20130224
 ほんとうはロンビックの車両にしたかったが・・・

実は3週間前くらいから「ロンビックイコライザの実用車両」を作ろうとして
いる。
しかし、どんな形にするか?で迷っているのだ。
この新型吊掛モータでやりたいのだが、残念なことにロンビックイコライザの
設計がまだなので、仕方なく従来の吊掛モータのテスト車両(単車)を
再改造(といっても、今の仕様に合わせただけ)してテストすることにした。
重量はちょっと重くなって174gである。

ということで、今日はここまで。
明日にでも連続運転のテストをしてみよう。

ところで、市販価格は今までのものよりは少し高くなるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CAWのパパ南部、エキストラクターが折れる

別にどうということもない?ネタである。

Sun3_20130224
 唐突にエキストラクターの爪が折れる

さして頻繁にでもないが、パパ南部で排莢(ダミーカートなので、弾丸が出るが)
していると、なにか細かいパーツがポロっと出てきた。

ん?

あれ?エキストラクターの爪ではないか!

最近のモデルガンは、こういう部分(結構力やら衝撃がかかる)もダイキャストで
作るのか・・・・

昔のモデルガンであれば、板材でプレスで作るよなぁ・・・
マルシンのベビー南部もこの部分は鉄板プレスなのに。

21世紀ともなると、こういう作り方なのか? とちょっと悲しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »