« DCCサウンド化後の牽引力測定 | トップページ | 鉄模社の阿里山シェイを組む(2) »

2014.01.05

DCCサウンド用のスピーカーのテスト

久々の長い年末年始休暇も今日で終わり。
この休みに何をやったのか?と思い出していたら、DCCサウンド用のスピーカーの
テストをしたことを思い出した。

Sun1_20140105
 小口径スピーカーを中心に各種サウンドをテスト

 サウンドの音データ
  ・MRC Sounderの蒸気用
  ・SFX004による電車(トロリー)の音
  ・SFX004によるDC12(自分で調整)の音
  ・SFX004によるDD13(自分で調整)の音
 使用したスピーカー
  ・Soundtraxx810130 27mm径 純正エンクロージャーあり
  ・Soundtraxx810089 15mm径
  ・QSI 16.5mmx11.7mm オーバル
  ・QSI 12.7mm径
  ・MRC 10mm径
  ・MRC 13mm径

テストの結果は以下の通り。
(1)どのスピーカーもエンクロージャなしでは音が小さい。
  メガバス(27mm)でも音量不足であったのは面白い。
  =>Soundtrax(810089)でも音量が低くてそのままでは使用はムリで
     あることを確認
(2)試しに、各スピーカーとも「振動面側をエンクロージャの前に出して」テスト
  をしてみたが、(1)と結果は同じ。
  =>完全に「背面側を表に出す仕様」になっていることを実感
  =>蒸気用の音では、QSIのオーバルが一番相性が良いように感じる
(3)エンクロージャを付けると「今まで(エンクロージャなし)はなんだったんだ?」
  というくらいに音量も増し、低音がグッと出るようになる。
(4)超小径(10mm)についても、エンクロージャーが付くとQSIの12.7mmに
  負けないくらいの音になるのには感心した。
(5)電車用(DigitraxのSFXシリーズ用のトロリー音)についても、エンクロージャー
  付きであればどのスピーカーでもかなり良い。
  =>相性的にはSoundtrax(810089)が良いように思われる
(6)DL用(DC12とDD13)については、どの小径スピーカー(エンクロージャー有)
  でもエンジン音は小さく聞き取りにくい感じ。
  =>MRC28mmやメガバスであれば良い。

ということで、今年はDL(DCも)用の音を少し工夫してみよう。
そのための資材は発注済である。

さて、DCCサウンドとしては、このようなことも判った。

Sun2_20140105
 天プラのC11 サウンド化断念

大晦日にDCC運転をしようとすると、天プラのC11の動きがおかしい。
モバイルデコーダがダメになったようである。
新年になり、DZ125(モバイル)を交換してテストしても、動きがおかしくなる。
具体的には以下のような状態。
 ・スピードが出ない
 ・走り出すと暴走する
 ・モバイルの不良状況を確認すると、1つは一応動作、もうひとつはモータの
  回転が上がらない(実質使用不可能)ようになっていた。
ということで、とりあえずはDCC化を断念した。
それにしてもこの車両、デコーダを納めるスペースが確保しにくいだけでなく
8ピンのソケットの位置が「丁度コールバンカーの段がある下」なので、
Digitraxの8ピンコネクタ(厚みがある)を使うとボディが閉まらなくなったりする。
(結果的に、デコーダ側のコネクタを薄いものに交換)
トラムウェイC12でもそうなのだが、DCC化の保障をしてくれとは言わないが

 市場にあるサウンドデコーダの大きさや仕様を考慮してくれても
 良いではないか!

とは言いたい。

追記
ディーゼルの音・・・といえば、MRCのSounder(DL)があった。
これを試さなくては!

Sun5_20140105
 Sounder(DL)のテスト実施(って、SLとなにも変わらん風景)

まずは、ホーンで「日本でもありそうな音」を探す。
ホーンタイプ(CV50)
 ・5 : 割と機関車っぽい
 ・6 : 自動車のホーンに近い新型っぽい機関車のホーン
 ・12 : 新型のDCっぽい
まあ、要するに「ピッタリ日本型はない」のである(当たり前か)

で、テスト結果。
 ・Soundtraxx(810089) : まあまあの感じ
 ・MRCの10mmと13mm : 低音が抜けてエンジン音がシュシュシュになる
 ・QSIのオーバルは少し物足りない感じ
ということで、「やはりDLの音はMRCの28mmだなぁ」という実感であった。
考えてみると、これら小径スピーカーは「蒸気のサウンド用に特化(高音部に強い)されて
いるのかも」ということを実感した。
=>MRCの10mm,13mm、QSIのオーバルなど
それは欠陥なのではなく「特性」なのである。
実際に使って用途を決めていくのが正しいやり方なのである。

ということで、沼尻DC12にSounderを載せてみようかな?(思案中)

|

« DCCサウンド化後の牽引力測定 | トップページ | 鉄模社の阿里山シェイを組む(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/58888197

この記事へのトラックバック一覧です: DCCサウンド用のスピーカーのテスト:

« DCCサウンド化後の牽引力測定 | トップページ | 鉄模社の阿里山シェイを組む(2) »