« 軽便蒸気用サウンドカー(1) | トップページ | 造形村のDD54のサウンドDCC化 »

2014.01.31

珊瑚の初代沼尻ガソの修理

このところ、家にいると雑用で忙しい。
まとまった時間がないと鉄模社の阿里山シェイの工作が出来ない。

何もしないのは悔しいので、気になっていたことをやる。

Fri3_20140131
 珊瑚のガソの改修をする。 DCC化したのだが不調だったのだ。

今年の模型のテーマは3点。
 ・鉄模社 阿里山シェイに挑戦する
 ・DCCサウンドをやる
 ・レイアウト

DCCサウンドについては、16番はもちろんだが、軽便についてもサウンド化を
試みるのである。
SLは割と誰でもやるのであるが、電車(こちらはもう花巻で対応済)やDL、DCは
あまりやった人を聞かないので、積極的にやるつもりである。

この珊瑚の初代沼尻ガソについては、DCC化までは行ってあった。
しかし、どうも走行性能が悪いのである。
勝手に加減速したりする。
まあ、DCCだけならそれはそれで洒落?になるのかもしれないが、サウンドが
付くとそんなことも言ってはいられない。

そんなときに、ふと気が付いたのである。
「このガソの車輪とアルモデルの6.4φは交換出来るのではないか?」
珊瑚の車輪はメッキが剥がれて集電性能が悪そうである。
踏面も「まだ日本のナロー模型が試行錯誤していた時代」なので狭く、このまま
ではやはり走行性能に疑問を感じる。

やってみると簡単であった。
珊瑚の車輪は7.0φで、軸穴は1.6φだったので、アルモデル(軸穴1.5φ)の
車輪はちょっと穴を広げてやるだけだった。
(打ち込みにはちょっとコツが必要だったが)
左側がオリジナル、右側が打ち換えたものだ。、
ほとんど差はない。

Fri4_20140131
 さらにあちこち調整するとスムーズに走るように・・

軸受穴をちょっと面取りしたり、ギアを清掃したり・・すると、走行性能が
凄く良くなった。
案外、こういう簡単なことが効いてくるものである。
DCC化のコツは「絶縁とスムーズな動力」なのは当たり前のことである。
ディテールうんぬんより、大事なことである。

え?後ろに何かあるぞ?って・・・
忘れてないです、阿里山シェイ・・・(ああ、時間が欲しい)

|

« 軽便蒸気用サウンドカー(1) | トップページ | 造形村のDD54のサウンドDCC化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59046357

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚の初代沼尻ガソの修理:

« 軽便蒸気用サウンドカー(1) | トップページ | 造形村のDD54のサウンドDCC化 »