« Suger Cube(新型スピーカー)のテスト(1) | トップページ | トラムウェイのDD16のDCC搭載 »

2014.02.08

プラDLのサウンドDCC化

関東は豪雪である。
おかげで、車がほとんど走っていないし、雪の効果?も加わって凄く静かだ。

こういう日こそ「サウンドDCCだ!」である!!

造形村のDD54にサウンドを搭載すると、ウチにある他のプラDLについても
サウンドDCC化したくなる。
ウチではプラ機関車は「実は購入してそのまんま」が多いのである。
せっかくなので活用した。

Sat3_20140208
 完全にDCC以前の設計のKATO DD51

購入して一時期使っただけですっかり忘却していたKATO DD51をサウンド
DCC化する。
開けてみると「う~ん、とってもアナログな構造だ」と実感。
その割には、片方の燃料タンクにはスピーカーの穴?が既に準備されている
のが面白い。

Sat4_20140208
 デコーダはキャブ内に収める

デコーダはキャブ内に収める。
MRC SOUNDER(DL用、No.1666)はあっさりと収まってしまう。
本当に思うのだが、あまりサウンドの質に凝らなくていいから、この大きさの
サウンドオンリーのデコーダを日本向けに企画してもらいないものか?

SOUNDER(No.,1666)はホイッスルしか選択できない。
結果、CV50は6にして「なんとか我慢出来る音」にしてある。

Sat5_20140208
 Soundtraxxの15φのスピーカーを使う

既に準備済?のDD51の燃料タンクの穴にはSoundtraxxの15φ(810089)が
使用可能で、燃料タンクそのものがエンクロージャーとなる構造で使用した。

さて、次はDE10である。
こちらも似たような方法であるが、こちらは8ピンがあるので楽だ。

Sat6_20140208
 キャブ内にDZ125+SOUNDER(No.1909+Suger Cube)

こちらは最新のスピーカーのSuger Cubeを使用した。
おかげで、キャブ内にデコーダ(SOUNDERは新しいNo.1909)とスピーカーが
収まった。
現行版のSOUNDER(No.1909)ではエンジン音が選択できる(CV123)
もっとも、当たり前なのだがすべて米国DLのエンジン音である(0~5)
結局、一番近そう?なCV123=5である。
汽笛も同様で、なんとか我慢出来そう?なCV50=11とした。

Sat7_20140208
 ということで、2両のサウンドDLが加わった。

DE10は2両あるのだが、SOUNDERの手持ちの問題でDD51が旧タイプで、
DE10が1両サウンド化した。

これで、ウチにはDD13(1次、2次、SFX004で自分で調整した音)、そして
DD54(ESU)、このDD51とDE10とサウンド機が一気に充実した。

それにしても凄い雪だ。
明日は大丈夫か?

|

« Suger Cube(新型スピーカー)のテスト(1) | トップページ | トラムウェイのDD16のDCC搭載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59095485

この記事へのトラックバック一覧です: プラDLのサウンドDCC化:

« Suger Cube(新型スピーカー)のテスト(1) | トップページ | トラムウェイのDD16のDCC搭載 »