« 軽便蒸気用サウンドカー(3) | トップページ | Contarex用のSonnar85F2 »

2014.02.16

軽便蒸気用サウンドカー(4)

軽便蒸気用サウンドカー(3) でコメントを頂いて「やはり最新のSOUNDERで
確認しないといけないだろう」という気持ちになった。

そう、「コンデンサ付のSOUNDER(No.1908)での確認」である。

Sun2_20140216
 ウェイトも若干増やして、No.1908によるテスト

現行版のSOUNDER(No.1908)に交換して、ウェイトも少し増やして確認を
行った。
結果は「あれ?音が切れなくなった」である。
う~ん、旧製品(No.1665)から最新の製品では、こういう点が改良されて
いたのか!
汽笛やベルの「一時的な電力消費対応」だけではなかった!

こういうことは、やはり「きちんと確認しなくてはいけない」と改めて実感した。

Sun3_20140216
 続いてのテストのために、亀の子をDCC化する

ここまで来たら、さらに確認しなくてはいけない。
同一線路内に、モバイルデコーダの他車がいたらSOUNDERの動作に
影響が出るのか?の確認である。
乗工社の亀の子にDigitraxのDZ125を搭載する。

Sun4_20140216
 SOUNDERとペアのポーターと亀の子の追走

改造のうえ、ポーター(SOUNDERのニフ付)と亀の子の追走テストを
行った。
結果はもちろん問題なし。

あとは、「2編成でSOUNDER」をテストするだけであるが、それについては
今改修中のニフが出来た時点で確認出来る。

Sun5_20140216
 ニフの屋根に「音抜きの穴」を開ける

さて、仕上げに車体側の工作である。
屋根に音抜きの穴を開ける。
乗工社のニフはなにしろ頑丈な構造なので、こういう改造には十分に耐性が
ある。
この製品、そういえば「ハンダ付け工作の入門用」という呼び声もあったような
気がする(当時の私は中学生か?)
この加工の後、車体を載せると全重が48gになった。
下回り(SOUNDER+スピーカー込み)が22gなので、動力並みの重さだ。
もっとも、このくらいの重さがないと、DCCサウンドのための集電の安定性が
確保出来ない。
この辺りはちょっと悩みどころだ。

ということで、ウチでは
 ・電車 : 花巻デハ
 ・DC : 沼尻ガソ
 ・DL : 沼尻DC12
 ・SL : サウンドカー
と、広範囲でDCCサウンド化の対応が出来た。

|

« 軽便蒸気用サウンドカー(3) | トップページ | Contarex用のSonnar85F2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59145500

この記事へのトラックバック一覧です: 軽便蒸気用サウンドカー(4):

« 軽便蒸気用サウンドカー(3) | トップページ | Contarex用のSonnar85F2 »