« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(1) | トップページ | Digitraxの新型SFXシリーズとZIMOのスピーカー »

2014.05.11

パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(2)

介護問題やらなんらやで時間がなかなか取れない。
しかし、それでも地味に模型工作をする。

Sun2_20140511
 ポイント部テスト用モジュール改良

全開の「とりあえず作成」したものについては、転轍機の前に架線柱が
あったり、ポイント手前の線路が短すぎてポール車両が載せられない(ああ・・)
などと問題があった。
そこで、線路の位置そのものを変更して転轍機を手前に置き(当たり前か?)
架線柱も専用にしてテスト車両の出し入れをやりやすくした。

さて、ではポールの通過状況である。

Sun3_20140511
 まず、ポイントに入る(ここまではスムーズ)

Sun4_20140511
 カツミのN電ではなんとか無事ポール先端は架線に入る

Sun6_20140511
 反対方向に進むと、架線にポール先端が入らない

とまあ、現状ではこんな感じである。
カツミのN電ではまあまあなのであるが、銚子デキ3では今一つ・・・なので
まだまだ改良が必要である。

|

« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(1) | トップページ | Digitraxの新型SFXシリーズとZIMOのスピーカー »

コメント

こんばんは、架線のフログの位置をもう少し線路のフログに近づけたらどうでしょうか。確かNMRAの基準がそうなっていたように思いますし、小生の鉄道でもそうしてます。

投稿: Mogul | 2014.05.15 01:11

Mogutさん、こんにちは
そうですね、こうやって試してみると位置が違うのが判りました。
いさみやの社長さんに教わってやってみたこのシノハラYポイント改造用の架線分岐、微調整するしくみが出来ないか?などと考えてもいるのですが、このところ介護問題で休日が潰れてしまうので進捗悪いです。

投稿: ム | 2014.05.15 06:33

ポールとパンタでは架線の分岐対応位置が異なるのではないですか。

投稿: ヤマ | 2014.05.21 09:49

ヤマさん、こんにちは
パンタ、ビューゲル、ポールにZパンタ・・・の共存を考えるのは実はハードルが高いのですが、なんとかなりそう?と思っています。

投稿: ム | 2014.05.22 06:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59626450

この記事へのトラックバック一覧です: パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(2):

« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(1) | トップページ | Digitraxの新型SFXシリーズとZIMOのスピーカー »