« 架線柱+架線+集電装置を作る(2) | トップページ | パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(2) »

2014.05.07

パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(1)

GWが終わって・・・快晴・・・どういうこと?

さて、それはともかく路面電車の架線システムの試みは続く。

Wed5_20140507
 シノハラのYポイントを改造して路面用のポイントにする

以前教わった「シノハラのYポイントを改造すると超小型ポイントになる」
をやってみた。
さらに「カワイモデル研究所の手動転轍機(おお!老舗!)」を使用して
ポイント対応の架線のテストスペースを作成した。

それなりに苦労したのだが・・・試してみるとアプローチ側(画像左)の距離が
短く、ポール車両を載せられないことが判明(ち~ん)
ああ、直さないと。

Wed6_20140507
 架線の分岐部分はおおよそこんな感じ(画像は45度クロス用)

まだ試作なのでデカいのだが、架線の分岐部分はこのような感じである。
クロス部については、「ポールはまっすぐ進む」ので、とりあえずはほぼ
大丈夫である。

やはり、難関はポイントのように「分岐する」ものである。

Wed7_20140507
 Y型分岐を作ってテスト

まずは花巻電鉄風レイアウトで試したものを16番用にしてみた。
とりあえずは、N電(YAMA模型ポール)は通過出来た。

Wed8_20140507
 アルモデルのパンタ(シュー改造)はたまに引っかかることが

パンタもビューゲルも・・・なのでテストをしていると、たまにこのように
引っかかることがある。
この方向では、架線が狭まったところで微妙に架線がたるむとこのように
シューが上に行ってしまうことがあるのだ。
まあ、このような課題は地味に解決するしかない。
架線柱の間隔なども見直さないといけない。

最期に・・「私、ロコ派なんだけどなぁ」・・・
でも、鉄道車両運転の試みはやらないといけないことなのだ。

|

« 架線柱+架線+集電装置を作る(2) | トップページ | パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(2) »

コメント

ポイントの手動転換器って、一時期、出回りましたね。マッハ製とかホクトモデル製とかもあったかな。木製道床線路につけて使っていた。さがしたら残骸が出てくるかも。

投稿: ヤマ | 2014.05.11 10:54

使い勝手からすると、やはりホクトモデルのものが最良だと思います。
私も何個か持っているはずなのですが、探しても出てこない・・ので、試して購入したカワイモデル研究所(ん?)のこの手動転轍機を使いました。
こういう「スケールうんぬんではなく運転するのに必要なアイテム」が現行品としてないのは問題だと思うのですが、いかがなものでしょうか?

投稿: ム | 2014.05.11 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59603147

この記事へのトラックバック一覧です: パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(1):

« 架線柱+架線+集電装置を作る(2) | トップページ | パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(2) »