« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(3) | トップページ | 運転スペース拡張工事(1) »

2014.06.01

実はEktra用ではないEktar50F1.9

母の特養入りでなにかと面倒である。
そのうえ、猛暑がやってくる・・・

そんな中、うっかり東急のクラカメカメラ市に行ってしまった。

Sun10_20140601
 実用品?としてEktar50F1.9を購入

実は会場で「思ったより欲しいものある」と思った中で、撮影用に欲しいと
思っていたものの優先順位の高いものを購入した。
Ektra用のEktar50F1.9である。

え?Ektraは持っているだろう?と言われるかもしれない。
確かにあるのだが、Ektar50F1.9は1本しかないのである。
なにしろ、コレクターアイテムのEktraなので「撮影に行ってレンズを無くした」
などということになっては、コレクションとして成立しなくなってしまうのである。
そのため、他の焦点距離は「撮影用とコレクション用」を別々にしたのだ。
そして、これでようやく50F1.9も「撮影用」が揃ったのである。

ちなみに、東急のカメラ市では、1万円以上の買い物をするとバックが
おまけに付く(レンズの背景がそれ)のであった。

Sun4_20140601
 嬉しさのあまり撮影(補正あり)

α7でさっそく撮影すると「お!いい写りだ」
満足度高いまま翌日へ。

さて、起床して猛暑にダレながら・・・無限遠を確認・・・あれ?
なんと、無限遠で2mであることが発覚!
これは・・・

Sun5_20140601
 左:Ektra用 右:今回のもの

さっそく調べてみると、
 ・今回購入したものは繰り出しが2mmくらい長い
 ・シリアルNo.がコダックの”EKTAR"ではなく数字だけ
であることが発覚。
Ektraの標準レンズは、ボディが3000台くらいで終わってしまい、標準レンズが
余った(この辺りはフォトンと似ている)ので、各種用途に戦後使われているので
ある。
どうやら、このレンズもその1本であるらしい。

まあ、普通だったら「これは不良品」と返品である。
しかし、私の場合は「こういうバリエーションがあっても面白い」と思うのである。
(このくらいの余裕がクラカメ使用者には必要だ)

Sun6_20140601
 この猛暑に3時間ほどかかって専用アダプタを作成

ということで、専用アダプタを作った。
まあ、Ektra用は1本あるから「アダプタ専用」である。
レンズとしてはいい感じなのは確認済なので問題なし。

Sun7_20140601
 α7+Ektar50F1.9 絞り解放(補正あり)

ということで、「デジタル専用」のEktar50F1.9が出来た。
ボケ味も良し、写りも良し、で満足である。
このレンズとちょっと前に買ったZeissのSonnar85F2(Contarex用)と
なにか広角レンズを組み合わせて、撮影に行きたい!という気分が
盛り上がる。
(ということで、この週末は模型工作なし)

|

« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(3) | トップページ | 運転スペース拡張工事(1) »

コメント

いつもロムさせて戴いています。
カメラ市のご来場、ありがとうございます。
エクターのレンズだけなんて売っていましたっけ?
最近は前夜の会場準備が終わってからの他店巡回も、
あまり積極的に覗いていないので見落としたのかもしれません。
ピントがずれているようですが、2mmほどだと、多分誰かが分解した時に、
ヘリコイドの溝の入れ始め位置を間違えて入れてしまったのではないでしょうか?
まあそちらでは何でも作ってしまえるので問題無いようですが。
もう少ししたら、妙楽地の紫陽花も咲き始める頃でしょうか。

投稿: がたぱしゃ | 2014.06.06 13:56

がたぱしゃさん、こんにちは
本文にも書きましたが、この個体は純正エクトラ用ではありません(シリアル番号がまったく違う)ので、戦後に余ったものを「なにか別の用途」に使ったものです。 有名なのはTVエクター(カムがない)などがありますが、このレンズもその類かと思います。  私はコレクター体質なのか?「こういうものがバリエーションとしてある」というものをそのまま残したいので、マウント側を作って対応しました。

投稿: ム | 2014.06.07 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59743169

この記事へのトラックバック一覧です: 実はEktra用ではないEktar50F1.9:

« パンタ・ビューゲルとポールの両方に使える架線(3) | トップページ | 運転スペース拡張工事(1) »