« 鉄模連のスピードコンテスト・牽引力コンテストの車両 | トップページ | カツミのディスカバーシリーズ9700 »

2014.07.11

CLARUSのWOLLENSAK50F2.8

関東地区については、どうやら台風の被害なく済んだようだ。

Fri1_20140711
 「ミネソタの銘機?」CLARUS 問題はレンズである

米国の「レンズ交換できるレンジファインダー機」といえば・・・
ウチにはEKTRA、KARDONがあるではないか!・・・・ん?なにか忘れて
いるような??

そう「ミネソタの銘機 クララス(CLARUS)」である。
実は以前に使ったことがあるのであるが・・・なにしろ・・こういうカメラ・・
なので、「レンズの写りがどうなのか?」がどうも判然としないまま10年
以上が経ってしまった(遠い目)。
・・・なカメラなのであるが、レンズ(35mmや135mmもあるらしい)は
ウォーレンサック製なのである。

Fri2_20140711
 レンズを確認した結果「このままでは使えない」ことが判明

現物を入手して、レンズを確認してみると・・・「こうだったかな」と
しばし遠い目になった。
なんともはや、ムダにフランジ内に鏡筒が出っ張っているのである。
私は「クラシックカメラとレンズは手を加えない」主義である。
しかし・・・ま、クララスならいいか(笑)

Fri3_20140711
 鏡筒後端をカットしてLマウントにする

もうほとんど力技で鏡筒をカットして、Lマウントの接写リングに固定して
改造は完了である。
M-NEXのヘリコイド付マウントアダプタのおかげで改造が楽だ。

Fri5_20140711
 WOLLENSAK50F2.8(絞り解放) 色ノリこってり・・

ということで試写してみた。
予想通り色のりこってりでいい感じである。

|

« 鉄模連のスピードコンテスト・牽引力コンテストの車両 | トップページ | カツミのディスカバーシリーズ9700 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/59964177

この記事へのトラックバック一覧です: CLARUSのWOLLENSAK50F2.8:

« 鉄模連のスピードコンテスト・牽引力コンテストの車両 | トップページ | カツミのディスカバーシリーズ9700 »