« 電化ナローの集電装置と架線の高さ | トップページ | 補習?(トビー6760) »

2014.07.26

修理職人!

猛暑である。

さて、いろいろとあって「遊ばせている蒸気機関車を無くす」という目的のもとに
改修作業を行っているのだが、完了したかと思うとまた増えたりして、なかなか
この作業が終わらない。

う~ん、これって「修理職人」なのか?

さて、猛暑にメゲずに作業開始である。

Sat11_20140726
 まずはUnited合同のハイスラー

久々にUnited合同のハイスラーである。
この豪華なモータを交換する。

Sat13_20140726
 モータを交換し、上から覗くといい感じ

秋葉原200円モータに苦労して交換して、テスト走行すると・・ハイスラーの
このクランクの動きが楽しい。
United合同の製品、21世紀になっても「高級品」である。

Sat14_20140726
 続いては、珊瑚特製完成品(の中古)の改修作業

続いては、珊瑚模型特製品の中古品の修理である。
私の悪いクセは「ああ、この模型は自分だったら直せるのに」と思うと、
うっかり購入してしまうことである。
珊瑚模型特製完成品5900もその手である。
この品物、前オーナーが凄く苦労して「走行させていた」のが判るのである。
「この苦労を21世紀に絶やしてはならんだろう」という、良く考えるとどうでも
いいような?(単に衝動買いの正当化のような)ことに義憤を感じてしまう
私はおバカである。

このモータ、BM-3か?と思うのだが、なにかかなりムリして取り付けてある。
これはモータ交換してちゃんと調整した方が良い。

Sat15_20140726
 ブラケットを追加して、IMON小型モータにする

本当はマシマ1027にしたいのだが、とっくに製造完了なので、次の候補は
IMONミニモータである。
まあ、どちらにしてもブラケットを作成して、軸を取り付け可能にするように
するのであるが。
それにしても、5900のギアは細かい。
モジュール0.2だろうか?
個人的には、0.3にしてくれればいいのに(耐久性を考えても)と思う。

Sat16_20140726
 ということで、ハイスラーと5900が完了

猛暑の中、どうにか2両が動くようになった。
2両とも、動く姿を見るといい感じである。

・・・で、思い出した。
「あ、6760が牽引力測定を落第しているんだ(追試も)」
この猛暑なのに・・

|

« 電化ナローの集電装置と架線の高さ | トップページ | 補習?(トビー6760) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修理職人!:

« 電化ナローの集電装置と架線の高さ | トップページ | 補習?(トビー6760) »