« 電化ナロー線の架線柱の土台 | トップページ | 電化ナロー線の架線改良 »

2014.08.10

電化ナロー用の集電装置

台風11号が迫っているのだが、関東ではときどき強風&雨くらいで済んでいる。

Sun1_20140810
 ようやく乗工社草軽デキ完成!

いつ着工したのか??の草軽デキ(ボンネット丸)が完成。
これも、レイアウト(架線あり)のおかげである。

Sun2_20140810
 YAMA模型のポールを改造

さて、先日テスト走行でポールが惜しすぎ?(カワイモデル)の解決である。
カワイモデルのものは左端のもの。
そんなに強く押してないと思うのだが・・・
YAMA模型のポールを使う(現役製品だから)のであるが、先日購入してきた
ものにはなぜかフランジ付パイプが付いていた(右端)。
ん?これはなんだね??どうせなら、ネジ棒を最初から差し込んでおいて
くれればいいのに。
ということで、花巻デハ用に2.0φネジ棒に交換して、ポール長さを4mm短縮。

Sun3_20140810
 YAMA模型のZパンタも試す

せっかくの架線ありレイアウトなので、各種集電装置を試さないといけない。
YAMA模型のZパンタも使用する。
根元の脚は外して使う。

Sun4_20140810
 スライダー(幅17mm)を付けて使用する

まだ調整中だから・・というのもあるが、R177に対応するためスライダー部は
広めの17mmにして、ついでにちょっと補強もして三重交通デキに装着。
結構調子がいい。

Sun5_20140810
 ということで、各線の車両が走行テストを行う!

これで、花巻(ポール)、三重交通(Zパンタ)、下津井デハ(パンタ)と
各種集電装置で走行テスト。
ポールについては、まだまだ架線側の調整が必要で、内回り(半時計回り)
のみだが、こうやってあれこれ車両を走らせているとちょっと幸せな気分になる。
架線を擦る微かな音や集電装置の動きを見ているといい感じだ。

|

« 電化ナロー線の架線柱の土台 | トップページ | 電化ナロー線の架線改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60129625

この記事へのトラックバック一覧です: 電化ナロー用の集電装置:

« 電化ナロー線の架線柱の土台 | トップページ | 電化ナロー線の架線改良 »