« 電池パワーパック修理と機関車x2 | トップページ | 軽便祭りの準備 »

2014.09.15

茅葺屋根の家(電化ナローのストラクチャ)

すっかり涼しくなった。

さて、電化ナロー線に「どうしても欲しい建物」として、茅葺屋根の家への
取組みは続く。

Mon2_20140915
 みちゅあーとの・・な茅葺屋根の家を改良してみる

なんだかんだ言っても「まったく新規に茅葺屋根の家」を作ると、時間が
かかってしまうので・・・DACHSの工作を中断しても、こちらの改良を
行ってみる。
結果、10mm高さを下げると「おお、いいじゃないか」という感じになった。

ついでに、架線柱の土台の植え込みも実施。

Mon3_20140915
 t3.0のバルサ板を貼り、キサゲブラシでガリガリと

バルサ板を貼り、ひたすらキサゲブラシ(一番粗いヤツ)でガリガリ削って
繊維を出す。
これが・・・結構力がいる(手首と指)のである。
ああ、若い頃はぜんぜん苦にならなかったのに・・(遠い目)
ともかく、ひたすら地味に作業を行う。

Mon4_20140915
 削った後は、塗装をしてウェザリングをする

塗装については、あれこれと塗料をいくつも薄く塗りながら、茅葺屋根っぽい
感じにしていく。
下の建物部分もウェザリングをする。
レイアウト上に置いてみると、あれまあ!いい感じではないか!!

Mon5_20140915
 実際はこんな感じで使う予定

このななめに眺める茅葺屋根の家の風景・・・花巻電鉄にありそう?という
風景にする予定である。

Mon6_20140915
 ストラクチャの努力は続く。 こちらは大沢駅舎風のもの。

続いては、M'sの駅前食堂を大沢駅舎風?にしているものである。
背景に茅葺屋根の家を置いてみたが、敷地面積は似たようなものなのに
茅葺屋根がいかに背が高く大きなものであるかが実感出来る。

電化ナローのストラクチャ、まだまだ修行は続く。

|

« 電池パワーパック修理と機関車x2 | トップページ | 軽便祭りの準備 »

コメント

こんばんは。
バルサ・ガリガリ作業、お疲れ様でした。(^^;
おぉ~!茅葺農家、好い雰囲気です~。
背丈を低くするだけで、上手く収まるのですね(拍手)。

投稿: みのる | 2014.09.16 01:05

みのるさん、レイアウト制作快調ですか?
この「バルサがりがり式」は、小さい家ではやったことがあるのですが、さすがにこの大きさだと結構しんどかったです。
それにしても、模型にして知る「茅葺屋根はデカい」です。

投稿: ム | 2014.09.16 06:39

こんばんはです。
「バルサがりがり式」工作お疲れ様でした。「らしく」なっているのは、さすがです。大きさについては、その通りだと思います。
実は、当鉄の「かやぶき屋根」は、プラモデルです。はい、ごまかしました!

投稿: 美男(備南鉄道) | 2014.09.16 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60320792

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺屋根の家(電化ナローのストラクチャ):

« 電池パワーパック修理と機関車x2 | トップページ | 軽便祭りの準備 »