« 第10回軽便祭り | トップページ | ダックスの改修 »

2014.09.29

祭りの後で(反省会?)

さて、祭りの経験を振り返る(遠い目)

今年の祭りは「簡易軌道応援隊」として、ウチの簡易軌道の車両が
たまたまDCC仕様だったので、応援に出撃した。

なのであるが・・・
結果は悲惨(?)

Mon2_20140929
 ホイットコム分解整備と補充

ホイットコム、不調だったし(怒)
どうも後ろが浮き上がり気味だったので補重。
絶縁強化しのための薄いプラ板も剥がれかかっていたので再接着した。

Mon3_20140929
 MWの問寒別、なんと!絶縁強化してなかった!

これまた不調だったMWの問寒別、分解整備・・あれ?絶縁強化処理を
していないではないか!(驚)
動力を分解整備して、絶縁強化処理を実施。

Mon4_20140929
 今回の教訓「リジット2軸のサウンドカーは・・」

整備をして、DCCサウンドのテスト。
今回の祭りで判ったのは「サウンドカー(2軸)は動かさずに止めておくと音の
出がいい」のが判ったことである・・・って、ぞれでいいのかい!=>自分
小さいレイアウトなら・・って、やはりそれはどうなんだろうなぁ???

それはともかく「簡易軌道いいな」とは思った。
よしよし、なにか考えてみよう。

|

« 第10回軽便祭り | トップページ | ダックスの改修 »

コメント

こんばんは。
応援隊をありがとうございました。
特にサウンド車両は強力な援軍でした。
機関車も車庫に並んで貰い賑やかな雰囲気を
出すことができました(感謝)。

ところで「絶縁強化処理」とは台枠ですか?

投稿: みのる | 2014.09.30 21:07

みのるさん、おつかれさまでした。
「絶縁強化処理」は、DCならば「微小にショートしても」走ってしまうものが、DCCでは「動作不良」になるので、車輪やシューが「一瞬でも触れてしまいそうなところ」に薄いプラ板を貼りまくることです。
これはサボると、後で泣きます(遠い目)

投稿: ム | 2014.10.01 03:29

DCでは大丈夫でもDCC化するとショートするというのは、結構シビアな問題ですね。
車輌だと対応は難しくないですが、レイアウトの選択式ポイントだと、リードレールと車輪(フランジ)の裏がDCC化したらショートすることがでてきて対応が大変だったという話を聞きました。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2014.10.02 15:24

DCCのための絶縁強化だったのですね。MWの動力はそのまま組むと接触して走らないことがあるので、その対策かと思いました。

投稿: ヤマ | 2014.10.02 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60395988

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの後で(反省会?):

« 第10回軽便祭り | トップページ | ダックスの改修 »