« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(11) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(13) »

2014.10.28

21世紀の珊瑚模型 ダックス(12)

本当は「せいぜいブログねたは3回だな」と思っていたダックス・・・
すっかり、長期戦の様相だ(遠い目)

Tue3_20141028
 IMONミニの搭載を試みる

Tue4_20141028
 そして・・挫折(ち~ん)

あれこれと試行錯誤することにしたので、まずはIMONミニの搭載を
試みる。
モータブラケットはt0.6で薄くして、キャブ前面ギリギリの位置まで持って行く。
結果は・・・「あ、コールバンカーに当る」・・・(遠い目)

まあ、人生はうまくいかないことがあるって(ち~ん)

Tue5_20141028
 結局、アルモータ1015を搭載して走行テスト

結局、先代のダックスと同じのアルモータ1015になった。
快調である。

Tue6_20141028
 上回りが低くなり、集電ブラシがボイラーに当るので・・

上回りが台枠にグッと下がってきたので、集電ブラシが当るようになった。
なので、ちょっと悔しいが切り込みを入れた。

さて、上回りを載せて、ウェイトの位置を確認しながら運転すると、R177の
カーブの特定の場所でなぜか脱輪したり、唐突に止まったりする。
初代、2代目のダックスは大丈夫なのに・・・
新型だからいい!という訳ではないのだな・・と思う。
とりあえず、集電が悪い原因は、第一動輪にブラシがかかっていないから?
のようなので、これから地味に改善していこう。

|

« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(11) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60559338

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の珊瑚模型 ダックス(12):

« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(11) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(13) »