« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(4) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(6) »

2014.10.18

21世紀の珊瑚模型 ダックス(5)

今日は休日なのだが、風邪がますます悪化するうえに、家のことが
結構大変でなかなか模型工作にかかれなかった。

とはいえ、なにもしないのは悔しいので、少し工作を行った。

Sat2_20141018
 火室部分、今回製品(上)では隙間が開いている

'73年のダックスストーリーを読み返してみると「6-11-D(ダックスのこと)は
外台枠にすることで広火室にして低カロリー炭に対応」の下りがあり、
この部分はある意味ダックスの特徴なのである。

で、今回製品を組もうとすると・・・キャブと隙間があり「これは違うのでは?」
と思うのである。
これはなんとかしないと!

Sat3_20141018
 結局、火室を若干後退させられるよう”調整可能”にした

少し悩んで、火室部分前の台枠を止めるパイプ部分に当るところを
カットして後退させることで対応した。
まだ仮止めであるが、調整可能にする。

こうして眺めていると、灰箱を従台車に付けたスタイルは、この製品で
はちょっと不自然である。
第一、動輪径が増え隙間が開いてしまうので、旧製品の考え方は
ムリであろう。
ということで、この部分は根本的に変えよう。

今日は体力的(要するに風邪が辛い)にここまでで終わり。
一晩寝て考えよう。

それにしても、なにかあると「旧製品と比較して」判断している自分は
なんなんだろうか?
ふと思ったのだが、今回のダックス新製品は「初代ダックスの偉業」
を再認識することなのか?と思ったりする。

注: このブログに書かれていることは私の個人的意見である。
   あくまで参考用なので、鵜呑みにしてはいけない。

|

« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(4) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60503520

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の珊瑚模型 ダックス(5):

« 21世紀の珊瑚模型 ダックス(4) | トップページ | 21世紀の珊瑚模型 ダックス(6) »