« 祭りの後で(反省会?) | トップページ | 簡易軌道の発足(軽便祭りの影響) »

2014.10.03

ダックスの改修

祭り・・・ああ、楽しかった(遠い目)

さて、その祭りで「せっかく走らせてもらったのにスタックしたダックス」の
改修を行う。

Dachs1_20141003
 原因はクロスヘッドが走行中に外れること

動力そのものは調子がいいのである。
問題は「クロスヘッドが外れる」ことなのである。

現物は「クロスヘッドを上下から挟む」ようにバーが出ているのだが、
DACHSはコの字型のものが横から入るだけなのである。
これでは・・・外れるよなぁ・・・・
もっとも、父が購入・組立をした「初代製品」はその現象は発生しないのであ
ある(同じ構造なのに)
この最近購入・改修した2代目・・・う~ん

悔しいので(c)、抜本的に直そうかとも思った。
しかし、私はどうも”コレクター体質”なのか、「できるだけオリジナルで残したい」
のである。
ウチには、2代目(の完成車両)はこの1台しかないのである。
これで、リバイバル版(たぶん改良されている)21世紀のDACHSと比較
できるのかと思うとわくわくするので、手を入れられない。

ということで、安直に「L型金具で押える」ようにした。
t0.08のベリリウム銅板をL字型に曲げて、クロスヘッドに接着。

Dachs2_20141003
 裏から見るとこんな感じ

安直な方法の割には結構うまくバーを囲んでいる。

Dachs3_20141003
 走行テストはバッチリである

連続走行テストを行う。
こうやってみると、走らせているとクロスヘッドが傾いている。
なるほど、このように外れるのか(怒)とか思ったが、このL金具接着で
クロスヘッドは外れないようになった。

ということで、「祭りの失敗解決」はこれくらいにして、次のことをやろうと思う。
祭りで影響を受けた「あること」なのだ。

|

« 祭りの後で(反省会?) | トップページ | 簡易軌道の発足(軽便祭りの影響) »

コメント

>「できるだけオリジナルで残したい」
なるほど、その気持ちもわかりますね。でも走るようにして、なおかつオリジナルに近く…という葛藤がありますね。

投稿: ヤマ | 2014.10.07 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60416358

この記事へのトラックバック一覧です: ダックスの改修:

« 祭りの後で(反省会?) | トップページ | 簡易軌道の発足(軽便祭りの影響) »