« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

2014年4月20日 - 2014年4月26日

2014.04.25

DCCサウンド(プラ電車)

母親の介護問題、あれこれと段取りがあって大変である。
今日、ようやく第一段階が完了。

疲れた・・・

さて、それはともかく。

Fri4_20140425
 路面電車(16番)のスペース確保

運転スペースの片づけをして、16番の運転スペースを確保。
問題はあとはレールと架線柱の作成であるが・・・

プラ電車のDCCサウンド対応は続く。

Fri5_20140425
 TOMIX 琴電3000のモータを交換

この車両に搭載されているモータは、どうも抵抗値が低く、極めて微弱な
電力で動いてしまうのはともかくとして、モバイルデコーダを痛める(発熱が
酷い)ので思い切ってモータを交換してみた。
こうなってみると・・・「なぜにこの車両をDCC化しようと思ったのか?」と
自分でも・・・(遠い目)
結果としては、まあまあのようである。
しかし、前のモータでDCC走行テストをしたために、モバイルデコーダが
どうもダメになっているようだ(さらに遠い目)
まったく、DCCというものは「金食い虫」のようだ(ち~ん)

Fri6_20140425
 仕方なく、次のテスト車両をKATOのクモハ41とする

プラ電車で吊掛で・・・と探した結果、KATOのクモハ41をDCC化の
対象として選択した。
世界のKATOさんなら大丈夫・・・・あれ?パワトラ式だし(ご~ん)
ああ・・・まあ、買ってしまったから仕方がない。
直接配線する方法に改造することにした。

Fri7_20140425
 ということで、プラ電車(吊掛)が2両になった

まあ、なにはともあれ2両になった。
琴電3000もモータを交換したので、PR3でテストやspjのロードも可能で
あろう(まだやってない)

それにしても・・・疲れた・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.04.20

路面用(16番)組線路の作成

Sun5_20140420
 新装開店してから初の伊勢屋

改築前に伊勢屋に行ってから、ず~っとご無沙汰だったが、ようやく
新装開店の店に行くことが出来た。
建物はきれいになったが、出てくるものは「前と同じ」なのが嬉しい。

さて、そんなことに喜びつつ・・

先月から母の介護問題でバタバタしていて、模型工作は捗らない。
今後もちょくちょく割り込みが発生するので、時間を集中的に使えない
のでGWも落ち着かない状態になりそうだ。

ということで(なにが?)「このGWは運転スペースを改築しよう!」と
いうことになった。
(とかいいつつ、車両工作を開始する可能性大)

運転スペースで今もっとも不満なのは「路面電車のスペースがない」
ということである。
え?16番の線路があるだろう!という人がいるかもしれないが、
私にとっては「路面電車=架線がある」なのである。

Sun10_20140420
 実は花巻のときに試したのはこれをやるためだったのだ!

以前、花巻のデハを架線対応したときに、TOMIXのトラム用レールに
架線柱のシステムを付けるようにしたが、実は「この組みレール上に
16番のフレキを貼ればいいのでは?」と考えていたのだ。
架線柱の取り付け台は共用に出来るから楽である・・と。

とはいえ、フレキをどうやって接着するか?が解決出来ずに時間が過ぎて
いったのだが、偶然にも二子玉で「ポリエチレンに対応した接着剤があるよ」
と教わってあっさり解決!
配線は元々のNのレール側で接続できるから楽勝!・・と軽く考えていた
のが甘かった!
実際はちゃんとジョイントを付けないと単車は脱線することが発覚、
そうなると、脱着時にレールが抜けてしまう・・ので、レールに0.7φの
穴を開けてピン(スパイク)を打って固定したり・・・と結構苦労した。
なんだかんだと問題を解決していたら、もう時間切れである。

Sun11_20140420
 とりあえず、R177で一周を目指す!

ということで、現在も制作中である。
今週中にカーブをR177で一周・・として・・・ああ、架線柱と架線も
作らないといけないのか!(唖然)
病院や施設の手続き・・とあって、どこまで出来るのか?

Sun12_20140420
 運転スペース上にある・・を片付けて・・・も作業の一環

それに合わせて、運転スペースも片づけないと・・・
しかし、テスト車両(DCCサウンドや吊掛モータ)やら、なんとなく
オークションで落札したものが乱雑に・・(茫然)
路面の運転スペースは、やはり手前に来るようにするか?左上の
意味不明なものが乱雑に置いてあるところを整理して全コースが
見えるようにするか・・・を思案しているところである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »