« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

2014.10.07

電鉄ナロー線の風景

家のあれこれが大変である。

それはともかく。

Tue6_20141007
 電鉄ナロー線の「駅ではない側」は田園風景にする

電鉄ナロー線の駅側(花巻電鉄の大沢駅風?)ではない側をどうするか?
なんといっても、我が社は、元々いた花巻と草軽も増えているうえに、
三重交通、下津井電鉄までいる大所帯になっているのだ。
となると「田園風景」が欲しくなる(そうなのか?)

急遽、バルサ板をカットして田んぼを作り、台枠もカットして築堤風にして・・
と工作を進めたらこんな感じになった。
田んぼについては、庭の人工芝を切り取ってきて貼ったら「ま、いいか」
という感じになった。

レイアウトは「勢いが大事」だと思った。
まあ、この状態で眺めてあれこれと考えてみよう。

追記 2014.10.8

今日は皆既月食の日である。
クラシックレンズでそれを撮影・・・で時間を取られて・・だけでもないのだが、
模型工作は地味に進行。

Wed13_20141008
 人工芝のウソっぽい色を補正

田んぼの表現、庭のチョコ君(ビーグル犬♂)の遊び場の人工芝を
カットしてきて置いたもの・・・であったが、どうも色がビニールビニールして
今一つである。
ということで、リキテックスで補正。
ちなみに、手前のものがオリジナル色である。

おお!なんかいいではないか!

ああ、もっと模型工作の時間が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.06

簡易軌道と電化ナローのレイアウト

台風18号が猛烈なスピードで通過していった。
実は、ウチもちょっと大変なことになっていたり、私自身が風邪でダウン気味
だったりするのだが、祭りの熱でレイアウトへの情熱でなんとか工作は続く。

Mon4_20141006
 ターンテーブルを断念して、レイアウト完成早期化を目指す

結局、ターンテーブルは断念した。
この大きさのレイアウトでこの手のアイテムを設置しても「結局使わない」
からである。
その割には手間で、レイアウト工作が大きく遅延するからだ。

Mon5_20141006
 凹凸を付けた部分を含めて、道路と地面を仕上げていく

道路部分は薄いグレーを入れたりしてトーンを落とし、全体に地面を
仕上げて、線路(ポイント部)にバラストを撒く。

ここまで来れば、ストラクチャ(建物)と草と木である。
凸凹地形には、草撒きをする予定(草原風にする?)

Mon6_20141006
 電鉄ナローレイアウトも、地面を仕上げていく。

こちらも、道路部分と道床部分をグレーでトーンを落とし、建物に合せて
地面の色をだんだんと整えていく。

電鉄ナローのレイアウトだが・・・正直言って「このレイアウトでは既製品の
ストラクチャだけでは厳しい」と思い始めてきた。
先の簡易軌道に切り替えたレイアウトから一部ストラクチャを移転するが、
やはりいくつかは自作しないとダメか?と思い始めている。

あ~、それにしてもあれこれと大変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.10.05

簡易軌道の発足(軽便祭りの影響)

台風が来るようである。
さらに、ウチは介護問題で大変である(ち~ん)

それはともかく(そうなのか?)

第10回軽便祭りで、みのるさんの簡易軌道を見ていて「ああ、いいなぁ」と
実感出来た。。
その割には「応援隊」のホイットコムと問寒別は「ポイントでスタック」する
始末・・(ああ、父(誰?)は情けないよ)

このままではいけない・・・・

Kaniki1_20141005
 ウチには「使っていないレイアウト」があった

祭りの後で「やはり簡易軌道やりたいよなぁ」と思ったのである。

なんといっても、機関車(客車は1両未組み)が3両あるのである。
で、支援のつもりが・・・「え?お前たち不動かよ?(涙)」の結果(ち~ん)
結果的には、ぜんぜん門外漢のはずの「頸城のニフ(サウンドカー)」が
まさかの大活躍・・・(ああ、偉いぞ!、乗工社ニフ!!)
これは不甲斐ないよなぁ。

で、思い出したのである。
花巻風レイアウトが「電化ナロー車両の規格に合わずに10年近く放置
プレイである」ことを・・・・

このレイアウトは、2003年に「花巻デハが走るレイアウトが欲しい」と思って
作成したものである。
当初から「持ち歩き」を意識したもので、小型で収納ケース、予備架線柱と
架線も装備・・・という我ながら「いいじゃないの」と思ったものである。

ところが・・である。
試走させて気が付いた(ああ、若気の至り)

走行テストをすると、花巻デハは苦しげに走行するのだが、草軽デキは
なんと! R150を通過出来ないのである(ち~ん)
な、なんなんだ・・・

結局、オフ会に1度持って行って任務完了!(ち~ん)
悲しいことに、オフ会でも「あ、そう」という反響の無さ(ご~ん)

まあ、人に受けるかどうかはともかく、2大主力の片方(当時)の草軽が
走らないのではねぇ・・・とお庫入りである。

それから10年以上経過・・・
キャリングケースもあるので、このままにしておくのも惜しいので、
改造して使うことにした。

Kaniki2_20141005
 建物を撤去、ポイントを増設

単純なエンドレスでは悲しいので、ポイントを付けて線路配置変更。
まだ”試作もしていない”新型ターンテーブルの設置予定の線路配置に
して、路線プランはこんな感じとした。
まだ試作はおろか、設計もしていないターンテーブル(5cm径)は・・・
一応努力してダメなら止めるかも?

Kaniki3_20141005_2
 道路部分を「北海道の草原風にする」

ポイントがある側は駅風にするとして、反対側は「北海道の草原風」に
することにした;
今回の祭りで「北海道の簡易軌道の走る風景は”原野”ではなく”背景に
後で植林した風景です”」という情報をもらったのである。
ということで、中央部分くらいに針葉樹を並べて植え、駅反対側を草原風に
することにした。
まっ平ら(ベニヤのまま)ではなんなので、ベニヤ板をカットして発泡
スチロールを入れて凹凸を付けたのだが・・・ちょっと凹ませるつもりだった
のに、結果的に「ちょっと盛った感じ」になってしまった(ま、いいか)。
これで、樹木もブスッと挿して植えることが可能になった。

Kaniki4_20141005
 結果はこんな感じ

発泡スチロールをガリガリ削り、テッシュとペーパータオルでここまで
処理した。
色の仕上げはこれからである。
同時に、架線柱の穴も埋めた(いつでも復活可(笑))
ペーパータオルが完全に乾燥したところで、地面の色を仕上げるのだが
さてはて、どんな風にしたものか?

Kaniki5_20141005
 とりあえず、今日はここまででDCC運転テスト

まずはポイント部分を徹底的に調整した。
PEKOのスナップトラック用ポイント、フログのフランジ側が結構プラで埋まって
いて集電が悪くなる原因になっているのだ。
車両も整備(遠い目)
結果、DCC仕様の問寒別とホイットコムは快調に走るのだが、DC仕様の
ホイットコムが不調なのはなぜ?(車両の問題のような気がする)

ということで、正式に”簡易軌道レイアウト発足”である。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年9月28日 - 2014年10月4日 | トップページ | 2014年10月12日 - 2014年10月18日 »