« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »

2014年2月16日 - 2014年2月22日

2014.02.22

Contarex用のSonnar85F2

久々のカメラねた。

2/19から松屋クラカメ市である。
今回のカメラ市では、「絶対に買えないがお願いだから見てみたい」という
幻の1眼レフ用Voigtlander Nokton50F1.5を見たいので、夜になってから
出掛けた。

Sonnar1_20140222
 で、購入してしまった Contarex用のSonnar85F2

無事、Noktonを遠くから見ることが出来て(ああ、ありがたい)、さて・・・と
帰ろうとすると、以前から「いつかは使ってみたい」と思っていたレンズを
見つけてしまった。
Contarex用のSonnar85F2である。
このレンズ、構成図を見ると「お~、完全なゾナータイプだ」と感動してしまった
ことと、「噂ではガッチガチに硬い描写」だという、マニアココロをくすぐる話を
聞いてしまったので、「これはぜひ使いたい」と思っていたのだ。
(どんな理由?)

ということで、以前からウチにあるヤシコン用のSonnar85F2.8(J)と比較してみる。

Sonnar2_20140222
 α7+Sonnar85F2.8(J) 絞り解放 最近接時(1m)

このレンズ、「プラナーより硬い描写」という話は昔からあるのだが、
こうやって使ってみると「十分に柔らかい描写でボケ味もいい」ように
思うのだがどうだろうか?
というか、「自分がオトナになった」だけかもしれないが・・

さて、いよいよSonnar85F2である。

Sonnar3_20140222
 α7+Sonnar85F2 絞り解放

Sonnar4_20140222
 α7+Sonnar85F2 絞り解放 最近接時(たぶん80cm?)

購入後にすぐ撮影してみて思ったのだが「え?そんなに硬い描写?」と
いうのが第一印象であった。
こうやってデイライトで撮影しても、その印象は同じである。

確かに、”ピンが来る感”はあるのだが、あまり硬い描写という感じはしない。
後ボケも2線ボケ傾向はなく、なだらかなボケ味である。

面白いのは最近接がヤシコンゾナーの85F2.8より短いことである。
たぶん80cmくらいなのであるが、そのおかげで2枚目の画像のような
寄りが出来る。
そういえば、ドイツのカメラ向けのZeissのレンズは、ヤシコン用よりは
かなり近接が出来るのを思い出した。
M42のフレクトゴン35F2.4などは「これはマクロレンズだろう」というくらい
である。
日本とドイツでは、1眼レフのレンズに求めるものが違うのか?それとも、
単に日本のレンズは鏡筒のコストに対する考え方が違うのか?

などと、しみじみと考えつつ、Sonnar85F2の描写については「いい方向に
裏切られた感?」という印象である。
ああ「Zeissの硬い描写」への憧れが・・・(遠い目)

最期に、同じくらいの焦点距離のレンズの描写比較。

Sonnar5_20140222
  α7+Angenieux90F1.8 絞り解放 最近接

う~ん・・・前の2本と描写比較の作例になってない・・・(さらに遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.02.16

軽便蒸気用サウンドカー(4)

軽便蒸気用サウンドカー(3) でコメントを頂いて「やはり最新のSOUNDERで
確認しないといけないだろう」という気持ちになった。

そう、「コンデンサ付のSOUNDER(No.1908)での確認」である。

Sun2_20140216
 ウェイトも若干増やして、No.1908によるテスト

現行版のSOUNDER(No.1908)に交換して、ウェイトも少し増やして確認を
行った。
結果は「あれ?音が切れなくなった」である。
う~ん、旧製品(No.1665)から最新の製品では、こういう点が改良されて
いたのか!
汽笛やベルの「一時的な電力消費対応」だけではなかった!

こういうことは、やはり「きちんと確認しなくてはいけない」と改めて実感した。

Sun3_20140216
 続いてのテストのために、亀の子をDCC化する

ここまで来たら、さらに確認しなくてはいけない。
同一線路内に、モバイルデコーダの他車がいたらSOUNDERの動作に
影響が出るのか?の確認である。
乗工社の亀の子にDigitraxのDZ125を搭載する。

Sun4_20140216
 SOUNDERとペアのポーターと亀の子の追走

改造のうえ、ポーター(SOUNDERのニフ付)と亀の子の追走テストを
行った。
結果はもちろん問題なし。

あとは、「2編成でSOUNDER」をテストするだけであるが、それについては
今改修中のニフが出来た時点で確認出来る。

Sun5_20140216
 ニフの屋根に「音抜きの穴」を開ける

さて、仕上げに車体側の工作である。
屋根に音抜きの穴を開ける。
乗工社のニフはなにしろ頑丈な構造なので、こういう改造には十分に耐性が
ある。
この製品、そういえば「ハンダ付け工作の入門用」という呼び声もあったような
気がする(当時の私は中学生か?)
この加工の後、車体を載せると全重が48gになった。
下回り(SOUNDER+スピーカー込み)が22gなので、動力並みの重さだ。
もっとも、このくらいの重さがないと、DCCサウンドのための集電の安定性が
確保出来ない。
この辺りはちょっと悩みどころだ。

ということで、ウチでは
 ・電車 : 花巻デハ
 ・DC : 沼尻ガソ
 ・DL : 沼尻DC12
 ・SL : サウンドカー
と、広範囲でDCCサウンド化の対応が出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月9日 - 2014年2月15日 | トップページ | 2014年2月23日 - 2014年3月1日 »