« 珊瑚模型 形式200(2) | トップページ | 珊瑚模型 形式1000と形式200の動力組み込み »

2015.01.18

珊瑚模型 南薩5号(3)

今日は昼からちょっと呑む用事があり「模型工作はどうなんだろう」と
思っていたが、またしても「軽めに工作してみよう」ということになった。

順番から言って、南薩5号である(なんの順番だ??)

Sun7_20150118
 まずは車体側の開口部を広げる

第一動輪に集電ブラシをかける・・・などなどの工作をする(予定)なので
車体側の開口部を広げた。
切りにくい部分をカットしたので、カッティングディスクを5枚パ~にした。

同時に、台枠側の一番目のリブとモーションプレートを外した。

Sun8_20150118
 モーションプレートを脱着式にする

モーションプレートを脱着式にして、その取付部分を広く取って集電ブラシの
取付を可能にした。

モーションプレートを脱着式にしたおかげで、メインロッドとバルブギアの
調整がかなり楽になった。
一番目の台枠のリブが無くなったことも、かなり作業性を向上している。
モーションプレートは、ロストのコの字部分の開口が狭すぎるので
かなりカットしたのだが、後で考えると「0.5mm外側に寄せるべきだったか」
という気がする。
他にも、干渉部分をかなりカットした。
それにしても、このロット類の調整は「なんともアナログ」である。
「スケールがなぁ、実物の構造はなぁ」という感じはまったくしない
作業だ。

Sun9_20150118
 調整は面倒だったが、ここまで来るとゴールが見える?

バルブギア関係を固定して、走行性を調整して今日の作業は終わり。
リターンクランクはハンダで止めたが、なんかこう・・・私がやると・・・
こういうベタァ~っとハンダ流した感じになってしまうのがちょっと不満。

もっと時間が欲しい(実感)。

|

« 珊瑚模型 形式200(2) | トップページ | 珊瑚模型 形式1000と形式200の動力組み込み »

コメント

かなり大胆な改造になってますね。
こうなると素組みのできない素材セットみたいな。

投稿: ヤマ | 2015.01.20 12:21

ヤマさん、こんにちは
今回のタンクロコx3「素組み」にしたいのですが、やはりキットを組むので「自分なりに使いやすくしたい」と手を入れてしまいますね。
完成後に、使いにくいロコになると悲しくなるので。

投稿: ム | 2015.01.25 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/60994633

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚模型 南薩5号(3):

« 珊瑚模型 形式200(2) | トップページ | 珊瑚模型 形式1000と形式200の動力組み込み »