« 乗工社のシェイ(2) | トップページ | 乗工社のシェイ(4) »

2015.02.21

乗工社のシェイ(3)

いい天気の日は雑用で忙しい。

その間に、シェイの下回りを組み立てて走行テストをする。

Sat2_20150221
 側面のシャフトと台車を組む

動力装置は出来ているのに、なぜかダミーのシャフトを入れるのが楽しい。
これは組むときに気が付いたのだが、ジョイント部(ロスト製)が長い方が
前側になる(知らずにシャフトを組んでいた自分が怖い)。

Sat3_20150221
 ここで重大なミスを発見!

台車側面のシャフトは、車輪の車軸のと同軸で通る。
で・・・そういいえば!と気が付いたことがある。
このシェイの車輪は、片方が丸く膨らんでいる・・・・あ!
シャフト側の車輪がこの丸っこい側面のものなのである。
前の画像を見てもらうと判るが、私は逆にしていた。
まったく、こういうことだったのか・・・
せっかく調整してスムーズに動くようにしたのに・・・またやり直しだ。

Sat4_20150221
 シリンダにシャフトを付けるのは結構面倒

中央のシャフトの平ギアのところに側面シャフトを入れる。
これもちょっと面倒なのに、それをさらにシリンダで止めるのだが、これが
また結構イラっとする作業だ。

Sat5_20150221
 駆動系を全部組んでみると、まさに「ギアードロコ」である。

全部パーツを付けたところで、またあちこち調整して動くようになった。
それにしても、United合同のロコなら割とすっきりとした駆動系なのだが
乗工社のシェイはギアいっぱいの「まさにギアードロコ」である。

Sat7_20150221
 集電性能を上げる

走行テストをしてみると、どうも走りが悪い。
そのせいでギクシャク走るのでR177のカーブ通過も悪い。

どうしたものか?

結局、絶縁台車側を”United合同と同じに”直接結線することにした。
1.0φのネジで台車に端子を付け、床板に穴を開けてある。

Sat8_20150221
 さらに調整した結果、R177を走行出来るように

ということで、なんとかR177のカーブをクリア出来た。

さて、後は上回りだ。

|

« 乗工社のシェイ(2) | トップページ | 乗工社のシェイ(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗工社のシェイ(3):

« 乗工社のシェイ(2) | トップページ | 乗工社のシェイ(4) »