« 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(2) | トップページ | 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(4) »

2015.07.20

味噌汁軽便+林鉄レイアウト(3)

梅雨明けした。
それはともかく猛暑。

レイアウトは「味噌汁軽便(平地部)」の工作に入る。

Misorin1_20150720
 建物については、”花巻風レイアウト”のおさがりを使う

建物をどうしたものか?
そういえば、花巻風レイアウトが簡易軌道に変わったことで、建物が
余剰になっていた。
このまま捨ててしまうのは惜しいので、改造して使うことにした。

Misorin2_20150720
 大胆に上部をカットする

今回のレイアウトでは2階建ての建物は使わない方針とした。
結果、駅舎、商家は大胆に2階をカットする改造を行う。
茅葺屋根の農家も、高さを5mm下げる。
糸ノコでストラクチャーをカットする作業は斬新だ。

Misorin5_20150720
 改造後の姿

改造後の建物3軒。
意外にもいい感じで「元々こういう姿だった?」という感じになった。
ただし、茅葺屋根の家は・・・あまり変化を感じないような?

笑ってしまうことに、カットした2階部分もつなげて「田舎の宴会場」
のようなものにしてみた。

Misorin3_20150720
 駅周りと道路を作り始める

t1.0のバルサ板を貼って道路部と建物周りの地面を作る。

Misorin4_20150720
 線路のバラスト撒き、地面仕上げを終えて建物を置いてみる

地面関係の仕上げを終わり、建物を置いてみる。
・・・・平地部が狭い・・・
茅葺屋根の家も立派すぎ?

ということで、レイアウト工作はまだまだ続く。
樹木関係もなんとかしないと。

|

« 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(2) | トップページ | 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(4) »

コメント

車輛の切り継ぎとかの記事がありましたけど、ストラクチャーの切り継ぎ(継いでないから分割?)とか、面白いワザですね。実物建築で例があるのかなぁ。

投稿: ヤマ | 2015.07.20 10:36

案外違和感無いですね!
実物では・・・
建物を移築保存する際に、1スパン減らしたりする例は良く有ります。加悦駅の旧駅舎・本社も少し形が変わっていますし・・・ 数階建ての上層階を取り壊して3階建てぐらいに改造した例も、近所にありますが、上層階は・・・粉砕でしょうね。理由は知りません、耐震化、保守費軽減、税金対策かと思います。上層階を外して使えるのは、現場事務所などによく使われる、プレファブぐらいでしょうか。
さすがに、上下をのこぎりで切る例は、無いですね。
増改築は、何でも有りなので、模型より奇なる建物は・・・有りそうです。

投稿: 廣瀬 | 2015.07.21 00:26

レイアウト(特に私のようにスペースが小さいもの)用の建物を作っていて思うのは「最初から良いスタイルを狙うより、後から手をどんどん加えて変形させた方が本物っぽい」というものでした。 で、やってみるとなるほど・・という感じです。

投稿: ム | 2015.07.21 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/61920725

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(3):

« 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(2) | トップページ | 味噌汁軽便+林鉄レイアウト(4) »