« Zoomar36-82F2.8のダイナミズム! | トップページ | LiecaIIIGで江ノ電 »

2015.09.22

やはり信用出来るのはライカM3?

さて、先日のシュタインハイルのCASCA II+クルミナー50F2.8の写りに
打ちのめされて・・・いる場合ではない。

今日も銀塩撮影・・・で気が付いた。
そういえば、ウチのM3(115万台)を5年以上使っていないのである。
これはいけない!(なにが?)

ということで、どうせ銀塩撮影するなら・・・とそれにふさわしいレンズを
選んだ。

L_m33_20150922
 M型ライカといえば!SuperAngulon21F3.4 F=1:8

久々の都電撮影である。
ということで(なにが?)まずはホープ軒でラーメンを食べて記念撮影。
かつては「M型ライカを買ったらSuperAngulon21F3.4!と言われた
人気レンズなのだが、その後デジタルの時代になり、M8ではx1.3に
なるし、M9でようやくフルサイズ・・と思ったら、周辺がマゼンダ被りに・・
なるし・・・とさんざんなことになったこのレンズである。
銀塩ならば!と久々の登場なのであるが・・・あれ?
周辺光量が低下していないし??
なんでだろう・・・
こんなことなら、ホロゴン16F8も持って来れば良かったか?
(そんな理由か!=>自分)

L_m35_20150922
 Elmarit90F2.8 F=1:8

L_m36_20150922
 Elmarit90F2.8 F=1:8

さて、お決まりのサンシャイン60を入れての撮影である。
さすがはElmarit90F2.8、安定感のある写りである。

L_m37_20150922
 Summicron50F2 絞り解放

このレンズ、10年ぶりくらいに使ったかも?
解放でも安定感のある写りである(当たり前か)

L_m38_20150922
 SuperAngulon21F3.4 絞り解放

最期はやはりSuperAngulon21F3.4を解放で使ってみる。
あれ?やはり周辺が落ちない??

ということで、やはりライカM3はきっちり仕事するなぁ、と再認識した。
(そこか)

|

« Zoomar36-82F2.8のダイナミズム! | トップページ | LiecaIIIGで江ノ電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/62332729

この記事へのトラックバック一覧です: やはり信用出来るのはライカM3?:

« Zoomar36-82F2.8のダイナミズム! | トップページ | LiecaIIIGで江ノ電 »