« 第11回 軽便祭り(電鉄編) | トップページ | 電化ナローレイアウト再開! »

2015.10.06

第11回 軽便祭り(小茂内鉄道山奥線)

さて、今回の祭りでもう一つ楽しみにしていたのが「小茂内鉄道山奥線」
である。
予告にあった「高低差」とその路線でどのような走りが出来るか?を
実際に確認出来るのである。
(ああ、軽便祭りって素晴らしい)

Sun50_20151004
 ここで嬉しいサプライズ!

現地に行くと・・・あれ?
なんと!ナガウラさんのレイアウトである。
う~ん、今年の祭りで見ることができるとは思っていなかった。
私のレイアウトはこのレイアウトを見習って・・・いるはずなのだが、
ぜんぜん違うものになってしまうのが悲しいのである。
やはり、ココロが濁っているとダメなのか?

Sun51_20151004
 反対側を見るのは初めて!

山奥線乗り入れをやっていて、ちょっとお留守番をしたときに反対側を
見ることが出来た。
う~ん、こうなっていたのか・・・

さて、いよいよ「山奥線」である。

Sun52_20151004
 ようやく全貌を見る

なるほど、全体の風景はこうなっているのか!
実はもっとレールが隠れていると思っていたのだが、舞台裏を含めると
案外レールは表に出ているところが多い。
それにしても、この高低差なので「急こう配?」と確認してみると、きつい
ところでも4%ということであった。
これは意外であった。
私は単純に「線路の高低差をつけると急こう配になる」と思っていたのだが
後で出てくるのが「高さ感は風景と配置の妙で出る」ということが判った。

Sun53_20151004
 こんもりとした樹木・・

事前発表の画像では「高さを押えつつ(移動のため)森林の雰囲気を出す」
ということであったが、どうなっているのだろう?と思っていた。
なるほど、市販品の背の低い木の素材を生かして表現すると、山深い
風景になることを実感出来た。

Sun54_20151004
 高低差感は「渓谷と橋にあり!」

勾配が思ったよりゆるく、実は山も高さを押えている。
それなのにこの高低差感はなに?
現物を見てなるほど!と思ったのがこの「渓谷を見上げたときの風景」
である。
この部分がザクっと掘り込まれた渓谷になっており、その川を
橋梁がヒョコっと現れてその上を車両が走っていく・・・・・
なるほどである。
これであれば、十分に高低差感が楽しめる!!

ところで、ここで色々な人と会話していて出たのが「レイアウトで
ここまでおばさんが注目されたことがあるだろうか!」という話。
橋の上で談笑?しながら歩いているおばさん2人がいい感じ
なのである。
他の人形の配置も良く、こういうセンスはさすがだと思った。

Sun55_20151004
 眺める角度によっては、生活感が出てくる

持ち込み車両(DC、ガソ、コッペル)を走らせてもらったり、他の方の
車両の走りをあちこちから撮影していて思ったのが「見る角度によって
は山間の村の生活感がある」という作りになっているのが楽しかった。
これは「線路にムリな勾配を付けない」ということで、その周りの風景が
穏やかになり、畑や田んぼ(刈入後)の風景が楽しめる・・・
これは見習いたいものだと(遠い目)

Sun56_20151004
 ああ、いいなぁ・・・

ということで、眺めて良し、寄りいれて寄良し!の山奥線であった。
みのるさん、ありがとうございました!

|

« 第11回 軽便祭り(電鉄編) | トップページ | 電化ナローレイアウト再開! »

コメント

こんばんは。

作者よりもレイアウトの特徴を的確に語ってくださいまして、ありがとうございます。たいへん誇らしく思います。(^^; ←じつはスゲェ照れてます

極小トンネルポータルの所為で「果たして通過するのか!?」とドキドキ眺める遊び甲斐もありました。
高低差の妙は、元々の思川鉄道のお陰ですね。

投稿: みのる | 2015.10.07 01:11

みのるさん、こんにちは
トンネルポータル、意外に通過出来る車両が多かったですね(笑)
思川鉄道をそのまま作るのではなく、使い勝手の良いものにしてあるのがさすがだと思いました。

投稿: ム | 2015.10.07 06:33

ムさんこんばんは。ご無沙汰しております。
一気に読ませていただきました。レイアウト全書の「あるレイアウト探訪記」の様に、レイアウトの雰囲気を十二分に堪能できました。
サンマのにおいがしなくても、また参加したいですね。

投稿: 美男(備南鉄道) | 2015.10.07 21:48

ムさん、祭ではお世話になりました。
オレンジ・ツートンの簡易軌道にシビれました。

みのるさんのレイアウトと自分のやつは、サイズほぼ同じ、なのに全然ちがって見えました。
快適運転を口実?に、レイアウトにこう配を設けたことがありませんが、やはり山道に挑む列車はカッコいいですね。
自分もあんなレイアウトが家に欲しくなりました。

ではまた、次回お会いしましょう!

>ココロが濁っているとダメなのか?(^^; ←スゲェ照れてます


投稿: ナガウラ | 2015.10.08 17:20

ナガウラさん、こんにちは
いやいやいや・・・の簡易軌道の気動車は・・・みのるさんとも話ましたが、EBで凄く安くなっていた中古車でして「これ色違うじゃん」と塗りなおすはずが「塗装ワシより上手だし(涙)」となったものであります(ご~ん)
同じサイズでこれだけ違う・・・900x450で「なんでもあり」のレイアウト共作(なの?)をやったら各々の個性が出て面白いかもしれませんね。

投稿: ム | 2015.10.08 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/62423484

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 軽便祭り(小茂内鉄道山奥線):

« 第11回 軽便祭り(電鉄編) | トップページ | 電化ナローレイアウト再開! »