« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »

2015年1月25日 - 2015年1月31日

2015.01.27

珊瑚模型 形式1000(4)

珊瑚模型 形式1000で気になっていたことがある。
第二動輪が出っ張って、カクカクするのである。
まあ、実際には第一・第三動輪は集電ブラシで押されてそれなりになる
のであるが、どうも面白くない。

どうしたものか・・

で、気が付いた!
「これは第二動輪が上から押されている・・」

Tue3_20150127
 ギアボックス上の「角ばっている部分」

ふと気が付いた。
「ギアボックス上の角ばっている部分がボイラーに当っているのでは?」
確認してみると、確かにそうだった。

え?しかし・・・
この板の部分は「キドマイティの大きさ」なのである。
なんでやねん?(怒)

Tue4_20150127
 角をカットして、サイドタンクを・・などなど

仕方がないので、ギアボックスを外す・・・あれ?
サイドタンクの「下が見えないように」の板(なんだこれ)が当たって
外れない(怒)
結局、全バラシしてギアボックスを外した。
角をカットしてボイラーを付けてみると、まだダメなので・・・・キャブの
ボイラー取付部を少し削って上げた。
どうやら、少し歪んでいるようである。

しかし・・・素組して歪みってなんだよ?(怒)

さらに、サイドタンクのギアボックス脱着時に当る部分をカットして・・など
を改造して組みなおした。

これで、ちょっとカクカクするが、煙室部にちょっとウェイトを積んで調整
するか?という感じで今日の工作はここまで。

しかし・・・やるなぁ、珊瑚模型!(恐るべし)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015.01.25

珊瑚模型 形式1000と形式200の動力組み込み

今週はやや疲労気味。
模型工作は・・と思ったが、やはり「なにもしないのも悔しい」ので工作をする。

Sun2_20150125
 形式1000のギアボックス

実はこのオークションで購入した形式1000は「ギアボックスだけ組んである」
ものであった。
なぜにそこで挫折・・・は判らないが、このモジュール0.2?のギアを見て
絶望感に襲われたのだろうか??

しかし、私は挫折していられないのだ。

モータをIMONミニに変更し、ギア取付位置を細かく調整出来るように
1.0φのネジで止めるように改造する。

そこまで工夫しても、実はモータがスムーズに回転するように調整する
のはかなり時間がかかった。

Sun3_20150125
 集電ブラシを付け、動力を組み込む。

それにしても、この時代の珊瑚模型はなぜにこんな細かいギアを
使ったのだろうか?
ギアボックスを組んで、さらに動輪に固定するまでにもかなりの調整が
必要であった。
結果、どうにか走行するようになった。

ここまでやったので「残りの2両も動力組み込み!」と思った。
しかし、なんと・・・・
「え?1.0-1.5φのパイプが無い??(絶句)」の事実が判明。

要するに「買い忘れ」である(ご~ん)

ここでかなり絶望したが・・・IMONミニで1.0-1.5φを入れたモータが
1個あるのを発見!
よし、これで形式200を動力化だ!

Sun4_20150125
 形式200はあっさりと動力化

こちらは割と苦労無く組めた。
このモジュールのギアだったら形式1000も楽だったのに。

Sun5_20150125
 南薩5号の動力化を断念した無念

形式1000と形式200の走行テストは完了した。
形式1000は第2動輪がモータ後端がボイラーに押されているかも?で
やや硬いので調整が必要かもしれないが、走行性能は両機とも良しである。

それにしても・・・エコーモデルの1.0-1.5φパイプの買い忘れで作業が
停まるとは・・・無念なり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年1月18日 - 2015年1月24日 | トップページ | 2015年2月1日 - 2015年2月7日 »