« 電鉄ナローレイアウトの収納ケース | トップページ | 桜の季節(ぐるぐるボケ祭(1)) »

2016.03.13

改造カメラ(ああ、若き日)

1ケ月以上工作が停滞しているのは「カメラとレンズの保管強化」の
ためである(遠い目)。
銀塩カメラの使用頻度低下に伴い、多くのレンズとカメラの稼働率が
ほぼゼロになってしまい・・・「このままでは菌にやられてしまう」という
ことで、保管方法を強化しているのだ。

さて、いよいよ最終段階になって、こんなものを発掘した。

Sun4_20160312
 ALPAマウント改造機

ご存じの通り、ALPAのオリジナルボディで撮影するのは辛い。
いや「修行」と言っていいだろう(ち~ん)
ということで、CANONのボディを改造して使いやすいカメラを
用意するのは当然の行為である(そうなのか?)
左はEFから改造、右はT70である。
T70改造機はなんと!「ALPAのレンズがAEで使える」のである。
ああ!便利!!
とかいいつつ、結局なぜかオリジナルのボディを使うことが多かった。
これはやはり、マニア魂なのだろうか?

Sun5_20160312
 撮り鉄するときに撮影地を記録するための超広角機

これはコニカの17mmレンズを使い、アサペンSVをレンジファインダ機
に改造した「ボロゴンウルトラワイド」である。
要するに「ホロゴンウルトラワイドが買えないから作った」のである。
(今も買えないけど)
これは結構便利だった。
撮影地の「周辺風景」を1枚でバシ!っと撮影出来たのは助かった。
結構使ったのだけれど、気が付くとシャッター幕が昆布になってしまい
撮影不能・・・(う~む)

Sun6_20160312
 頼まれて作った「デッケルマウントカメラ」

最後は「頼まれて雑誌記事用に改造したデッケルマウントカメラ」で
ある。
雑誌の企画で「クラカメ用マウント機を作ってください」と頼まれて
マウント部を改造してデッケル専用機にしたのである。

ということで「認めなくないものだなぁ、若さゆえに過ちというものを」という
カメラ群なのであった。

|

« 電鉄ナローレイアウトの収納ケース | トップページ | 桜の季節(ぐるぐるボケ祭(1)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63340727

この記事へのトラックバック一覧です: 改造カメラ(ああ、若き日):

« 電鉄ナローレイアウトの収納ケース | トップページ | 桜の季節(ぐるぐるボケ祭(1)) »