« 珊瑚模型ジハニを組む | トップページ | 改造競作(開拓使客車)の動力変更 »

2016.05.17

改造競作の車両を発掘

珊瑚のジハニを組んでいて思い出したことがある。
「そういえば、以前蒸気動車を作ったな(遠い目)」

で、発掘を行う。

Tue4_20160517
 発掘したのがこの車両

この車両、なぜかキハニ541となっている(なぜ?=>自分)
カツミの開拓史の客車のキットを元に改造する企画のときに
作ったものである。
で、当時の私は「動力はパワトラにすれば楽だな(愚)」と思ったので
ある。
確実な動力を使えばすぐに動くし・・・

Tue5_20160517
 痛恨の出来事! そして教訓!

競作なので、他の方の作品といっしょにTMSに掲載された。
(何号だっけ??)
で、驚愕の事実が・・・
Nさんも蒸気動車を制作されたのだが、そちらはガチンコの力作で
ワルシャート弁装置も組み込まれ、スムーズに動く「本当の蒸気
機関車の足回り」・・・・(遠い目)
ああ・・・
 手抜きの動力で有頂天 =>自分
 カッチリと正しい動力を作成されるベテランモデラー =>Nさん
物凄い挫折感と怠け者の自分への罪悪感・・・
(注:考えてみると、父より年上の超ベテランの方なので当然といえば
 当然なのだけれど・・)

このときの教訓は「やるべきことをやらなくては後悔する」
である。
そのようなことがあって、以後作成する模型では「動力装置の手抜きを
してはいけない」と誓いを立てたのであった(さらに遠い目)

そういう模型なので「これを見て反省」するために・・・そのまま
放置されていたのであった。

で、久々に出してきてみると「これはこれで面白い」ので、正しく
蒸気機関部にモータを入れることにした。
しかし、ここでまた大きな試練!
「あ!この動輪は珊瑚の加悦DB201用だ!」
この動輪、アイドラーギアにウォームがかかるのである。
確認すると通常のウォームとは逆巻である(絶望)

発掘してみると、天の助け! エムテックのモジュール0.3が
使えることが判った!
よし、これで「正しい姿」に戻すことが出来る!
イリサワの6600もちゃんと動いたことだし、「心残りな車両」は
少しでも減らそう。

Tue3_20160517
 で、さらに1両発掘

これも改造競作なのだが…何のときだっけ?(忘却)
この車両、東急のキハに憧れて「当時の自分の技術でがんばって
真鍮ボディで流線型を表現した」ものである。
ただし、屋根板は木製で妥協しているのだが・・
(注:その後の自分の改造共作も屋根板が木は多い)
まだカクカクしているが、この後はだんだんと叩き出しで曲げる技術が
上がってきて、EF55の前面なども作れるようになった。
そういう意味では、その出発点になった模型なのである。

といいつつ、この車両も長年放置・・
理由は色々あるのだが、台車が無くなっているのである。
のだが、これには乗工社の12mmのTR29が
理由はちょっと深刻で、当時TR29のパワトラ仕様は乗工社しか無かった
のだが、どうしてもパワトラ仕様ししたかったので16.5mmに改軌した
のである。
そこまではいいのである。
その後、MWの土佐キハニ2000のエッチングキットを組んだときに、
12mmに戻して転用することになった。
そのこと自体は良いことなのだが・・・
このキハは、だるまさんになってしまった。
(注:要するに日光のTR29を買うお金が無かった)

こちらは普通に台車とパワトラを買ってくればいいので、そろそろ
きちんとした姿に戻してあげよう。

こうして過去の作品を見ながら・・・(凄く遠い目)

|

« 珊瑚模型ジハニを組む | トップページ | 改造競作(開拓使客車)の動力変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63646313

この記事へのトラックバック一覧です: 改造競作の車両を発掘:

« 珊瑚模型ジハニを組む | トップページ | 改造競作(開拓使客車)の動力変更 »