« 珊瑚模型のセラとセムフ(2) | トップページ | 珊瑚模型のセラとセムフ(4) »

2016.05.03

珊瑚模型のセラとセムフ(3)

GWも5日である。
晴れながらも強風の中、厳しい模型工作は続く・・・

Tue2_20160503
 単台車を組む

おおよその台枠組みが済んだので、次は台車である。
説明書を見て・・・も・・ん?どうなってるの??
結局、仮組みしてカプラー高などを確認しながら形にする。

Tue3_20160503
 高さ確認をする

ウチのK&Dカプラー標準車で確認した結果、この組み合わせで
合っていることを確認した。

Tue4_20160503
 恐れていたことが・・・台車が1個足りない・・(涙)

組み合わせを確認したうえで、6両分を組み立てる。
で・・・恐れていたことが・・「あ!軸受+担バネがが1個ない!」
ああ・・・不幸である。
GWにこの難組キットを組む老人(なんだろう、たぶん)にムチを入れる
ようなこの仕打ち・・(茫然)

この後、黒染めと洗浄をしたのだが、台車固定部が柔らかいので、
洗浄中に曲がってしまって泣きながら(大げさ?)修正した。
う~ん・・・この構造って・・・
組む前にも歪みを直して軸受け部(エッチング曲げ部)を固定し、さらに
ブレーキシュー部はその後に曲がってしまわないようにハンダを
流して・・などなど結局気を使う構造である。
21世紀にもなると、こういう構造になるのか・・・

Tue5_20160503
 エッチング板から細かいパーツをカットして・・・

ここからがさらに大変であった。
説明書を見ても??で???で????なエッチングパーツを
カットしてハンダ付けするのだが・・・
これが「基本はイモ付け」なのである。
固定位置も?で、補強もないエッチングパーツなので固定中に外れて
しまったり・・(茫然)
セラのブレーキテコ部など、組んでみて単台車を入れると干渉してしまい・・
などなど、結局ここまでで終わってしまった。

ということで、GW中頃でまだこの状態。
当初は「イリサワの6600キットを組むウォーミングアップ」だったのに、
いざ始めてみると「いきなりボスキャラと対戦」の様相である。

これはいかん・・・なぁ(疲れたので就寝)

強風で外がうるさくて熟睡は出来なかったものの、疲れは取れたので
昨日の結果の振り返りと今後の作成。

Tue10_20160503
 単台車との関係を確認するため、1両分パーツを付ける

単台車の干渉状態を確認するため、ステップやフットブレーキ
などを付けてみた。
こちらは炭庫解放レバー(台枠に3つ付いている)側なのだが、
このパーツのハンダ付が猛烈に手間である。
ペラっとした小さいエッチング板をチャンネル材のヘリに止める
という「ハンダ職人」をしないといけなかった。
これって・・・台枠に固定するボルト?が表現されているから、
本当はその部分に厚みがあるはずでは?
フットブレーキ支持金具は中梁を挟むように付けるので、
位置決めはやり易い。

Tue11_20160503
 フットブレーキのレバー側 軸箱との干渉状態に注意

フットブレーキのレバー側、台枠にラッチ部をまたぐように付けたが
それは当然のように単台車が入らなくなってしまった(涙)
で、外側にギュっと曲げたのだがそれでも不足。
こういうところは、私の「実物に対しての知識不足」がモロに出る
結果になった。
もっとも、このラッチ部のエッチング板はどうも構造が??で、
どうやって使えばいいのかどうも判らない。
もうちょっと考えてみよう。
ステップはチャンネル材にイモ付けで、結構コツが必要だ。

Tue12_20160503
 車掌室側

箱にしてから気が付いたのだが、エッチング板に物凄く小さい
標識灯受けと解放レバー受けを妻を固定する前に付けておかないと
凄く面倒なのである(当たり前)
そういえば、側面の手すりも忘れた(省略?)し・・・
ところで、ハンドブレーキカバーから下に延びるロッドは、どうやって
固定すればいいのだろうか?

ここまで進めて、炭庫を作らないとパーツの位置関係が確認
出来ないことが判った。
ちょっと作戦を練るか。

|

« 珊瑚模型のセラとセムフ(2) | トップページ | 珊瑚模型のセラとセムフ(4) »

コメント

珊瑚の石炭車は組み上がれば走ると思いますが、イリサワの6600は組み上がってもそのままでは列車を牽きません(真鍮客車なら平坦線でせいぜい2,3両が限度)ので、石炭車で十分ウォーミングアップされてから取りかかられた方がよろしいかと思います。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2016.05.04 15:39

ゆうえんさん、こんにちは
イリサワの6600、「何もしないと何も結果が出ない」ので、始めないことには先が見えませんから(笑)

投稿: ム | 2016.05.04 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63575991

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚模型のセラとセムフ(3):

« 珊瑚模型のセラとセムフ(2) | トップページ | 珊瑚模型のセラとセムフ(4) »