« イリサワの6600(3) | トップページ | デッケルレンズで薔薇撮影 »

2016.05.13

イリサワの6600の牽引力測定

快晴の日。
こういう日は掃除、洗濯、布団干し・・・(ん?)

さて、イリサワの6600の牽引力測定である。
測定の場は二子玉のいさみやさんの2階のレイアウト
である。
R750カーブに2%(一部3%?)の勾配、そしてポイントが
いっぱいあるのでテストの条件としてはバッチリで
ある。

せっかくなので、他の車両も計測を行う。
各車のスペックは以下の通り。

               重量(カッコ内はテンダ)
珊瑚 5900(BM-3)         180g(78)
珊瑚 5500(IMON Mini)       163g(81)
トビー 6200(IMON Mini)      166g(78)
珊瑚 8100(マシマ1626)      244g(93)
珊瑚 600(サガミ1420)       201g
イリサワ 6600(IMON1616SH)  212g(69)

さて、計測実施である。

Thu10_20160512
 意外なほど牽引力のある5900 (500g)

Thu11_20160512
 自重は6600に近い600もなかなか(500g)

Thu12_20160512
 6600、当初予想を裏切る牽引力(400g)で勾配を登る

Thu13_20160512
 勾配途中牽出しも300gが可能なのに驚く

牽引力測定の結果は以下の通りである。
ちなみに、計測用重量貨車は1両400gが基本で、細かい
計測を行うために、100g、200g、300gの貨車がある。
                牽引量     電力
珊瑚 5900       1.25両(500g)   16v/0.3A
               勾配途中牽出しは400g可
珊瑚 5500       0.5両(200g)   16v/0.1A
トビー 6200      0.5両(200g)    16v/0.1A
珊瑚 8100      1.75両(700g)    16v/0.1A
              勾配途中牽出しは600g可
珊瑚 600       1.25両(500g)    16v/0.1A
イリサワ 6600    1.0両(400g)     16v/0.1A
              勾配途中牽出しは300g可

重量配分的に不利な2-Bの5500と6200はIMON Miniのおかげで
「それなりにがんばっている」のが判る。

面白いのが5900で、同じ2-Bの足回りであるにもかかわらず、
BM-3のおかげ?か消費電力は多い(棒モータだから)ものの、
極めて快調であった。
こうしてみると、「牽引力はウェイトよりモータの影響が大きい」
ことがうかがわれる。

同じBタイプでも、1-B-1で「重量配分がいい」600では、がテンダが
ない有利(笑)も手伝って牽引力は予想外に高い。
ウェイトについては「重さよりも動輪への乗っかり具合」が大事で
あることが判る。

この結果から6600の結果を見ると「意外に高性能」であること
が判る。
実際の走行状態を見ていると「なんか凄くスムーズに走る」ので
ある。
勾配にかかると空転して苦しく登るのか?と思ったのだが、
400g貨車を牽引してするすると登っていくのである。
さすがに勾配途中での400g貨車牽出しは厳しいのだが、
300gではなんなく牽き出してしまう。

Thu14_20160512
 ポイント通過テスト・・・快調そのもの

ポイント通過で脱線するという話もあったので、引き込み線の
ポイントをあれこれと前後進させて通過テストを行ったが、
なんということもなく快調に走行した。

全体として、6600の走行テスト+牽引力測定は「満足いく結果」
であった。
イリサワの6600、適切な足回りの構造への改造と、高性能モータ
(IMON1616SH)により「立派に走る機関車になる」ことが判った。

今回の長期休暇で、いい結果が出せたのは嬉しいことである。

|

« イリサワの6600(3) | トップページ | デッケルレンズで薔薇撮影 »

コメント

ムさんのところのこの6600は、補重はしてあるのですか?
私のところのは、キット付属の標準ウェイトで平坦線で真鍮製客車2,3両がやっと、ウェイト外すと単機でもスリップという悲惨な状態だったので、テンダードライブ化しました。
これだけ牽けるということはイモン・コアレスのモーターの特性がよいのでしょうか?

それから先従輪、テンダー台車などの薄い写真はポイントで脱線しませんか?いさみやのレイアウトのポイントは篠原の#100なのでしょうか?

私の経験とあまりにも違うので驚いています。
モーターでそこまで違うのなら、通常の機関車駆動に戻すことも考えたいです。

投稿: ゆうえん・こうじ | 2016.05.13 14:44

ゆうえんさん、こんにちは
ウェイトは標準の58gだけです。 よく「牽引力を上げるために補重する」という話を聞きますが、自重を重くするということは、平坦線での牽き出しをよくすることには貢献しても、勾配線を登るとなると「当然自分も引力に引かれる」ことになって不利になってしまいます。
モータの選択や補重は、駆動軸の数や重さのかかり方などについて、計測方法を統一して丹念にデータ計測を行い、そのうえで「自分なりのやり方で試行錯誤」をしないと良い結果は出ないと思います。

投稿: ム | 2016.05.13 18:49

ムさん、ゆうえん・こうじさん、初めて投稿いたします、呉生れ、と申します。
昨年、本キットを製作いたしました。ゆうえんさんのブログが大変参考になり、とても助かりました。ありがとうございました。
私の場合、動輪・ギアを珊瑚の5500用に交換、先台車も歪んでいたため、組み直し、珊瑚の先輪に交換しました。
従輪の支えをなしにしてほぼぶらぶら状態にし、付属ウエイトの荷重を、動輪の左右のイコライザー中心と先台車中心の前側三点で受けています。動力は、ムさんと同じくIMONの1616を使用し、アダプターを介してギアボックスに取り付けました。
所属する会のレイアウトの平坦線で、マツモトのペーパー客車(全て3軸ボギー)5両編成をヤードからの推進、本線上の牽引、ともに問題なく、意外に走行できることを確認しております。
前側に荷重がかかった形ながら、牽引時に後から引かれた際には、動輪上へうまい具合に移動するためではないかと考えています。残念なことに勾配での確認はしておりませんが、ムさんのテスト結果からは期待できそうに思われ、喜んでおります。

投稿: 呉生れ | 2016.05.18 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63621364

この記事へのトラックバック一覧です: イリサワの6600の牽引力測定:

« イリサワの6600(3) | トップページ | デッケルレンズで薔薇撮影 »