« 銀塩で薔薇撮影 | トップページ | 改造競作の車両を発掘 »

2016.05.15

珊瑚模型ジハニを組む

GW+勤続何年休暇による超連休も今日で終わり(遠い目)

最後の1日になにをするか?と考えた結果、中のスポンジが粉になって
いたので珊瑚模型のジハニを組むことにした(そこか)

Sun4_20160515
 久々の「3枚貼り合わせ」

この構造、ナハ22000系を組んでから久々だなぁ(遠い目)
箱から出して確認すると、ナハ22000より線が細い。

Sun5_20160515
 熱で車体が反らないか?などを確認しつつ作業をする

なにしろ細い線なので、角材で浮き上がらないように注意しながら
ハンダをジワっと流す。
熱を加えるとやはり側板を反ってくるので、地味に修正しながら
作業を行う。

実は思っていたよりは楽だったのだが・・・なんか・・線が埋まって
しまってないか?という疑問が??
全体を付け終ったあとで、キサゲとキサゲブラシで丹念に掘る。

Sun6_20160515
 屋根と側板の固定に苦労し・・・なんとかここまで

t0.6の分厚い屋根板を、うまく端面に合せるのがこれまた
大変であった。
で、うっかり前後を仮止めして・・あ!微妙に屋根板が反ってる?
などの苦労をしつつ、どうにか組み終わった。
これで上回りは終わりか・・・というところで気が付いた。
「あれ?この大量にある細い割ピンはなんだ?」」

え・・・・こ、これはテスリのハンドレールノブだ(絶句)

しまった、単純に線材を曲げて付けてしまった(うかつ)
ま、、いいか(達観?)

さらに忘れていたのが、屋根板下に帯材を入れることで、キットには
1.0mm幅の帯線が入っているのだが、どう考えても広すぎるので、
0.6mm幅のものに変更した。

これで上回りはほぼ出来た・・・と思ったのだが、床板を入れてみると
車体幅に比べて広すぎる。
仕方がないので、フチ上部を半分カットして、ゴリゴリとヤスって
幅を狭くした。

今日の工作は完了!

|

« 銀塩で薔薇撮影 | トップページ | 改造競作の車両を発掘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63636333

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚模型ジハニを組む:

« 銀塩で薔薇撮影 | トップページ | 改造競作の車両を発掘 »