« 乗工社シェイを完成させる | トップページ | 日東科学の路面電車(2) »

2016.07.31

日東科学の路面電車(1)

梅雨が終わり、7月も終わりである(遠い目)。
となると「路面電車をやらないと」という気になる。
=>もっと前に気が付けよ!(=>自分)

時代はポール集電である。
HOn2_1/2(花巻電鉄)ではポールとパンタの共存はなんとか・・
なのだが、16番ではこれからである。
となると、テスト車両が必要である。

Sun3_20160731
 工作前の準備

工作を開始する前に、久々の準備作業である。
コテ先を潰して展延して整形する。
この作業、父から小学校低学年時に教わってから、ず~っと行って
きたものである。
そのために、トンカチと金床の使い方を教わったのだ。
こういうことは、もう日本では行われないのかもしれない。
面白いのは、こうやって展延したコテ先は減りが少なく、熱の伝わり
もいい。

Sun4_20160731
 まずは単台車を組む

まずはアルモデルの単台車を組む。
今回からは、軸受にメタル(ピボット用の1.9φで抜き)を入れた。
これをさらに加工して使う。

Sun5_20160731
 車体補強、モニタ部脱着化、下回り工作

地味な工作である。
日東化学のこの路面電車も「縮尺論を超えたスタイルの良さ」を
残したいのである。
車体を磨き、あちこち修正/補強(ハンダ流し)をする。
モニタについても苦労してハンダを外し、補強をしたうえで
脱着式に改造する。
下回りについては、今回は吊掛モータ(9.5φ/10:27)にするために
少しでも低く取り付けつつ・・・と思いながら、今日は仮止め。

Sun6_20160731
 残念ながらポールの工作まで行かず

ポールについても、「架線集電対応」の工夫をしたかったのだが
時間切れである。

さて、ここからどうしたものか? 楽しみである。

追伸 2016.8.2

Tue2_20160802
 やはり、新しいことをするのは難しい

ポールの取り付けをどうするか?
あれこれと絶縁材で試したもののうまくいかなかった。
結局「本体側はオーソドックスにいくか」ということで、花巻デハと
同じに1.4φのネジを植えた。

台車側については、いさみやの9.5φ動輪用の吊掛モータを
入れると・・・「あ!床板が低すぎる」ことが発覚!
(注:良く考えたら、過去に改造した車両全部そうでした(汗))
可動するように・・・とあれこれ試したもののどうも・・・・

新しいことをやるのは難しい。
というか、前作でも「結局(あれこれやって)出来なかった」のだ。
う~む・・・

|

« 乗工社シェイを完成させる | トップページ | 日東科学の路面電車(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/63993869

この記事へのトラックバック一覧です: 日東科学の路面電車(1):

« 乗工社シェイを完成させる | トップページ | 日東科学の路面電車(2) »