« アルモデルの古典市電(2) | トップページ | 路面電車と架線(ポールとパンタ/ビューゲル共存(2)) »

2016.08.14

路面電車と架線(ポールとパンタ/ビューゲル共存(1))

今年から「山の日」が出来て、お盆休みに多少の余裕が出来た。

といいつつ、実は模型に使える時間はそう多くない。
歳を取るとあれこれとやることが増える(遠い目)

Sun10_20160814
 まずはアルモデルの古典市電をロンビックイコライザにする

吊掛モータx4個を組み、ポールの取り付け部(絶縁)を作り・・と
これはこれで面倒である。
最後はアルの市電の足回りをロンビックイコライザにする作業である。
「なんとかチョロい方法で」とあれこれ考えた結果、パイプを2種に
ハトメを使ってテコ部が動くようにして解決した。

さて、いよいよ「ポールとパンタ/ビューゲル共存」の架線分岐部の
試作である。
この試み、もう何度試したことか(かなり遠い目)

Sun11_20160814
 まずはポール先端部を試行錯誤

YAMA模型のポール先端部分を、まずはパイプから加工した
シュー式にしてあれこれと試行錯誤する。
結果・・・「これ、あまりいい結果出ないね(ち~ん)」ということになった。

この後、元のロストパーツの先端部を削って広げることで解決。
試行錯誤で「ダメなものを確認」するのは大事だ。

Sun12_20160814
 架線分岐部についても試行錯誤

こちらについての「作りやすく動作確実」なものをあれこれと試す。
結果としては、
 ・1x3x1のチャンネルを組み合わせる
 ・架線は直角に曲げて差し込むことで強度確保
という方法で対処した。
(こう書くと簡単に見えるが、確実な動作の寸法を出すのが難しかった)

Sun13_20160814
 さらに架線の長さを調整、パンタと共存出来ることを確認

ポールだけでも大変なのに、パンタのシュー部の通過確認まですると
結構手間である。

ああ、疲れた。

|

« アルモデルの古典市電(2) | トップページ | 路面電車と架線(ポールとパンタ/ビューゲル共存(2)) »

コメント

ポールとパンタ/ビューゲル共存は研究課題として面白いですね。それぞれ違う動きを架線対応させるのは難しそうですが期待しています。

投稿: ヤマ | 2016.08.23 11:22

20年くらい前に二井林さんと会話する機会があったときに、架線集電対応でポールと他の集電装置を共存させるにはどうしたら良いのか?とあれこれ話をしたのを今も思い出します。
そのときに「いつか解決します」と誓った私はまだ若かった(遠い目)
正直大変ではありますが「理想に近づく」ことは大事なんだ・・と自分に言い聞かせる毎日です(さらに遠い目)

投稿: ム | 2016.08.23 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/64060076

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車と架線(ポールとパンタ/ビューゲル共存(1)):

« アルモデルの古典市電(2) | トップページ | 路面電車と架線(ポールとパンタ/ビューゲル共存(2)) »