« 簡易軌道のDCのDCCサウンド準備 | トップページ | 軽便鉄道のDCC化作業(1) »

2016.10.30

SoundTraxx EcoNami(電車用)のテスト

ようやくDCCのWin10対応も済ませたので、新デコーダとスピーカーの
テストである。


Sun3_20161030
 久々の新?スピーカー

ナローガレージのHPを見たところ、新スピーカー?らしき
ものがあった。
SuperSonic Miniである(左側)。
SugerQubeと同等品?のようであるが、エンクロージャが別である。
さて、サウンドの具合は?

ところで、先に配線を切ってしまったSugerQube(右側)の
エンクロージャを転用しようと剥がしたところ、透明なコーンを
固定している部分が外れて、切れてしまった配線が出て来たので
修理することが出来た(ラッキー!)

Sun4_20161030
私は電車/電機のサウンドはDigitraxのSFXシリーズを使用している。
「ああ、他のメーカで電車サウンドやらないのかなぁ」と思っていたのだが
どうやらSoundTraxxのEC-100がそれらしいので、テストすることにした。

で、テスト結果は・・・(この時点で遠い目)

接続してサウンドを・・・・あれ?「走行音(モータ音)がしない!」
あれこれと確認しても・・・・走行音に関する記述がない(呆然)
ひょっとしてなにか間違えているのだろうか?
設定変更はCV120(Airhorn)くらいしかない。
ちなみに、使えそうなのは以下の通り。
 2:”フォーン”という電車のタイフォンによくある感じ
 3:”ブフォ~ンという”古い電車っぽい感じ
結局・・・EC-100は「タイフォンとベルを鳴らすだけ?」
う~ん・・・

ちなみに、スピーカーはいい感じであった。
もっとも「SugerQubeは同じ価格でエンクロージャー付くし」と思うと
どうなんだろうか?

まあ「やってみなれば判らない」ということなのだろう。

|

« 簡易軌道のDCのDCCサウンド準備 | トップページ | 軽便鉄道のDCC化作業(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/64420862

この記事へのトラックバック一覧です: SoundTraxx EcoNami(電車用)のテスト:

« 簡易軌道のDCのDCCサウンド準備 | トップページ | 軽便鉄道のDCC化作業(1) »