« 大口径レンズでクリスマスケーキ! | トップページ | 近鉄30000系の改修(走行性能確認) »

2016.12.25

トーマモデルワークスのシェイII(6)

ああ、模型工作が捗らない。

Sat4_20161224
 林鉄&味噌汁軽便鉄道の整備は続く

なにしろ「走行条件が整わないとテストも出来ない」ということで、実は
継続的に整備は続けてきた。
おかげで、木曽のボールドウィン(乗工社)はバック運転でポイントを
通過出来るようになったものの、相変わらずダックスは従台車が脱線する。
「これは車両側だな」とようやく決断出来た。
(遅いから=>自分)

さて、これでテストに使えるようになったので、トーマのシェイIIである。
(粘るなぁ)

Sun1_20161225
 もう一両を走行可能にする

動力部をおおよそ組んだだけで置いてあったシェイIIを組み立てた。
で、なぜか後進はスムーズなのに、前進がビクとも動かない・・・に
1時間以上なんだかんだと確認した結果・・・集電シューの角度が
微妙で「車輪の回転方向で集電するかが違う」ということが判り
さらに調整してようやく解決(ぐったり)
この集電シューの方式、どうしたものか?

Sun2_20161225
 残りの「面倒な部分」を組み始める

さて、ようやく動力部はクリアしたので、次は側シャフト部である。
まずは簡単な部分からロックタイトで組み始めた。

年内に「下回りは完成」になるだろうか?

|

« 大口径レンズでクリスマスケーキ! | トップページ | 近鉄30000系の改修(走行性能確認) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/64675053

この記事へのトラックバック一覧です: トーマモデルワークスのシェイII(6):

« 大口径レンズでクリスマスケーキ! | トップページ | 近鉄30000系の改修(走行性能確認) »