« 紅葉の撮影2016(3) | トップページ | 大口径レンズでクリスマスケーキ! »

2016.12.11

林鉄&味噌汁軽便鉄道のレイアウト

ここ3週間ほど”模型工作をしていないのでは?”という風に見えていたが・・
実はやっていたのである。

Sun1_20161211
 軽便鉄道のレイアウト(電化と林鉄&味噌汁)

我が家にある軽便鉄道のレイアウトは以下の通り。
 ・超小型の修羅レイアウト
 ・ダージリン風レイアウト
 ・簡易軌道レイアウト(旧花巻電鉄風レイアウト)
 ・電化軽便鉄道
 ・林鉄&味噌汁軽便鉄道
う~む、どれが完成しているんだ?(驚愕の事実)
電化軽便鉄道は「架線(ポール&パンタ対応)という課題」があって
手間取ったが、林鉄&味噌汁軽便はなぜに今も??なんだろうか?

Sun4_20161211
 実は2週間ほど作業用軌道側のS字カーブと格闘

実は「もう完成しているぜ」と思っていた作業用軌道側のS字カーブで
シェイ(乗工社x2種、トーマのシェイI)が脱線して・・と格闘していた。
さんざん苦労して、Sカーブを緩和してなんとか対応した。
シーナリィはとっくの昔に出来ているので、こちら側はこれで完了。

Sun2_20161211
 問題は「味噌汁軽便側」である

片側が出来ても反対側は「単なる平原」である(ち~ん)
去年から「どうしたもんじゃろのぉ~」と試行錯誤したのはいいとして、
乗工社シェイとトーマのシェイIを走らせるとなぜか普通のカーブなのに
脱線したり反響音が出て煩い!(怒)

これはいかん!(今頃か!)

ということで、思い切った改造をすることにした。
年末までに駅が出来れば「門松を立てた駅の風景」で年始の撮影も
出来る。
台枠の角の部分を13mmほど上端をカットした。
こうすれば「蒸気機関車の足回りが撮影で見える」ようになる。
このレイアウトを作ったときに「失敗した」と思ったフレキシブルレールの
下に防音材を入れるのを忘れたのを補うために、角部分を大幅に補強
することで反響音を止めるとともに、音の伝わるベニヤ板を手前側を
カットすることで音源を断つ。

Sun3_20161211
 台枠を大幅に補強、引き込み線をまっすぐにする

コーナー部分を補強して防音効果を確認した。
万全とはいえないものの、結構いい感じである。
引き込み線(ここにホームを付ける)を敷いて、ダックスと木曽の
ボールドウィンのバック運転も確認した。
(注:ダックスはやはり従台車の構造を見直す必要がある)

今日はここまで。
年末までになんとか駅部分だけ出来れば(といっても、各機関車の
走行テストをしないといけないのだが)年末にはトーマのシェイIIの
工作を開始出来そうだ。
(というか、走行テストの場がないと車両だけ組んでも仕方がない)

|

« 紅葉の撮影2016(3) | トップページ | 大口径レンズでクリスマスケーキ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/64612651

この記事へのトラックバック一覧です: 林鉄&味噌汁軽便鉄道のレイアウト:

« 紅葉の撮影2016(3) | トップページ | 大口径レンズでクリスマスケーキ! »