« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

2016年10月9日 - 2016年10月15日

2016.10.10

珊瑚模型DC12(新)のサウンド交換

軽便祭りの翌日、寝坊してしまった(ち~ん)

我が家のDCCのWin10対応で珊瑚模型DC12(初代)のサウンドを
MRCに交換したので、もう一台(2代目)も交換する。

Mon2_20161010
 SFX004=>MRC Sounder1909に交換

Mon3_20161010
 デコーダ(DC125+Sounder)をキャブ内に押し込む

DC12(初代)の場合は、キャブ内にモータがあるのでデコーダを
Sounderをキャブ(背面)、コンデンサとDZ125をボンネット部と
配置(というか押し込み)が大変であったが、こちらの場合は、
キャブ内に収めるので割りと楽に入った。
(初代の場合は、台枠の固定が上回り固定ネジ共用で動いてしまって
 その調整に苦労した)

ということで、沼尻DC12は2両ともDCCサウンドをSounderにして
音量問題をあっさり解決。

さて、ここである失敗をしてしまった。

Mon4_20161010
 シュガーキューブの端子が外れてしまった!

今回の音量問題解決は、シュガーキューブの貢献が大であった。
さて、端子に配線・・と工作をしていたのだが、位置を調整していたところ
メキッ!と・・・(ち~ん)
ああ、やっちまったせ・・(遠い目)

で、「ならばスピーカの線に直接ハンダ付けするか」と線を出してみると・・
う、う~ん・・・・(ゴ~ン)
出たな!髪の毛より細い電線(遠い目)
しかも、これ以上出てこない(呆然)

ということで、復活断念
今日はこれぐらいで勘弁してやるぜい(ふっ)

Mon5_20161010
 さて、次は簡易軌道の車両のDCCサウンド化!

沼尻鉄道の車両は珊瑚のガソ(2代目)をDCCサウンド化すれば
完了である(なにが?)
次はいよいよ簡易軌道の車両である。
レイアウトもあるので、こちらの作業をやらないといけない。
(注:ひょっとすると、架線対応に疲れた?=>自分)
で、R150のカーブ対応を確認していなかったMWの自走客車を走行テスト
すると・・・ あ、走らない(さらに遠い目)

もっと時間が欲しい・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.10.09

第12回軽便鉄道模型祭

朝から激しい雨であったが、お昼前には止んだ。
良かった! 今日は祭りである!!

Keiben8_20161009
 今日のお買い物

新しい会場になって2度目の軽便祭りである。
うっかりして、電車の乗り換えを間違えたり、人形町の出口を間違えたり
したものの、なんとか到着。
まずはエッチング板と本を購入。

Keiben1_20161009
 楽しみにしていたダージリンのレイアウト

Keiben2_20161009
 雄大な風景を走るダージリンタンクと客車

今回の祭りで楽しみにしていたシェフさんのダージリンのレイアウトを
見られたことは感動である。
手慣れた工作に現地取材までした熱意が伝わる力作であった。

Keiben3_20161009
 駿遠倶楽部の新作、新藤枝駅は素晴らしい出来!

Keiben4_20161009
 制作過程が公開された3Dプリンタ製駅舎

駿遠倶楽部の新作「新藤枝駅」のモジュール。
駅周辺の建物のディテールも再現されていて熱意を感じる。

Keiben5_20161009
 KBMCの尾小屋鉄道の新モジュール

KBMCも新小松駅のモジュールが新作として追加。

Keiben9_20161009
 ONMCの桜山軽便鉄道さんの新作

こちらもブログで制作過程が発表されていたモジュール。
この密度が素晴らしい。

Keiben7_20161009
 栂森鉄道さんの新作レイアウト

鞄レイアウトの新作が発表されていた。
この「鞄のサイズに上下をカットする手法」は面白いと思う。

Keiben6_20161009
 クリッタークラブの「自動往復パイク」

クリッタークラブの今年のお題は「自動往復パイク」
皆さんのアイデアが楽しい。

これで秋恒例の祭りも終わった。
涼しくなってくると、工作が捗る?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »