« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »

2016年10月30日 - 2016年11月5日

2016.11.05

軽便鉄道のDCC化作業(2)

さて、今日こそトーマモデルのシェイIIの工作!と思ったのだが・・
やはり、途中までやった軽便車両のDCCサウンド化が気になる。
ということで、昨日の続きから始める。

Sat4_20161105
 苦労して沼尻ガソにウェイト、DCCサウンド一式を載せる

沼尻ガソ(珊瑚模型の2代目)は箱ボディとはいえ、小さいので
スピーカー込みで車体に収めるのは結構面倒である。
ウェイトを床板前後にスペースを確認しつつ、絶縁も考慮しながら
DCCサウンドを搭載する。
スピーカー(SugerQube)とMRC Sounderは屋根上に貼りつけ、
モバイルデコーダはウェイト上に固定した。

これで沼尻鉄道のDLx2両とDCはDCCサウンド化を完了した。
次は簡易軌道の車両である。

Sat5_20161105
 MW歌登DCのDCCサウンド化

沼尻ガソの経験を元に、天井にSugerSonic Mini(にしてみた)とMRC Sounderを
固定し、DZ125はそこから吊り下げ?の構造になっている。

Sat6_20161105
 テスト走行のために簡易軌道レイアウトを小改造

車両のDCCサウンド化をすると、テスト走行をしたくなる。
簡易軌道レイアウト(カーブがR150なのでテストに丁度良い)を使うのだが
レイアウト裏側に簡易な端子があるだけなので、赤箱のワニ口を
繋ぐのにいちいちレイアウトをひっくり返すのはなんとも面倒である。
(というか、手抜きにもほどがある)
ということで、急遽端子を台枠横に取り付けた。
まったく、車両が増えて運転する機会が増えると、こういう改造の
手間が発生する。

Sat7_20161105
 アルモデルの簡易軌道DCも改造を終了

MW歌登りDCと同じ方法でアルモデル簡易軌道DCも改造を完了。
これで、簡易軌道の車両(ホイットコム、泰和車輌製作所、DCx2両)の
DCC化を完了した。
これに加えて、ポーター(PU101仕様)もDCCになっているので、
運転を楽しめる。

ここまでやって思ったことがある。
「DL/DCは全部MRC Sounderの音だなぁ」

サウンドの世界は難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.04

軽便鉄道のDCC化作業(1)

地味に続く、軽便鉄道のDCC化計画。

割と「出たところ勝負」で決まる我が家の軽便鉄道DCC計画なのだが、
結果的に以下のように進めることにした。
(1)沼尻鉄道系はDC12x2(既にDCC対応済)とガソをDCCサウンド
   対応にする。
(2)簡易軌道系は以下の車両をDCC対応にする。
  ・自走客車x2はDCCサウンドにする(サウンド化)
  ・DLx2(泰和車輌製作所、ホイットコム)
  ・蒸気機関車が欲しいので乗工社ポーター

Fri9_20161104
 まずは泰和車輌製作所をアルモータ換装とDZ126化

まずはキドマイティのままDCC化した泰和車輌製作所を本格DCC改装する。
モータをアルモータ1015に交換して、あちこち絶縁強化を行い、
デコーダも最新のDZ126に交換した。
簡易軌道のカプラーは朝顔カプラにすることにしたので、後でその
換装も行う予定である。

Fri10_20161104
 沼尻鉄道のガソ(珊瑚模型の2代目)の改修作業

沼尻鉄道のDC12は2両ともDCCサウンド化再改造(MRC Sounder)を
終わったので、後はガソである。
モータをサクっとアル1015に改造・・・と思ったら、これが結構大変で
モータブラケットが改造中にメキッ!ともげて・・・と大変であった。
こちらはMWのDLとは違ってサウンドを搭載しないといけないので
今日は時間切れである。

さて、そろそろ・・・トーマのシェイIIの工作に戻らないとなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.30

SoundTraxx EcoNami(電車用)のテスト

ようやくDCCのWin10対応も済ませたので、新デコーダとスピーカーの
テストである。


Sun3_20161030
 久々の新?スピーカー

ナローガレージのHPを見たところ、新スピーカー?らしき
ものがあった。
SuperSonic Miniである(左側)。
SugerQubeと同等品?のようであるが、エンクロージャが別である。
さて、サウンドの具合は?

ところで、先に配線を切ってしまったSugerQube(右側)の
エンクロージャを転用しようと剥がしたところ、透明なコーンを
固定している部分が外れて、切れてしまった配線が出て来たので
修理することが出来た(ラッキー!)

Sun4_20161030
私は電車/電機のサウンドはDigitraxのSFXシリーズを使用している。
「ああ、他のメーカで電車サウンドやらないのかなぁ」と思っていたのだが
どうやらSoundTraxxのEC-100がそれらしいので、テストすることにした。

で、テスト結果は・・・(この時点で遠い目)

接続してサウンドを・・・・あれ?「走行音(モータ音)がしない!」
あれこれと確認しても・・・・走行音に関する記述がない(呆然)
ひょっとしてなにか間違えているのだろうか?
設定変更はCV120(Airhorn)くらいしかない。
ちなみに、使えそうなのは以下の通り。
 2:”フォーン”という電車のタイフォンによくある感じ
 3:”ブフォ~ンという”古い電車っぽい感じ
結局・・・EC-100は「タイフォンとベルを鳴らすだけ?」
う~ん・・・

ちなみに、スピーカーはいい感じであった。
もっとも「SugerQubeは同じ価格でエンクロージャー付くし」と思うと
どうなんだろうか?

まあ「やってみなれば判らない」ということなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »