« 鉄道模型の工作状況 | トップページ | 青春のCONTAX RTS »

2017.03.26

CASCA I型

桜の季節、撮影シーズンである。
ということで、撮影機材が増える(ほんとか?)

Casca11_20170326
 シュタインハイルの CASCA I型

CASCAについては、II型はこのブログでもときどき出てくるのだが、
I型は今回初登場である。
正面から見た姿は、II型よりはるかに印象的だ。

Casca14_20170326
 巻き上げ/巻き戻しを1つのノブで行うという大胆な構造

Casca15_20170326
 そのため、スプールは時計回りになり、裏蓋もローラーが付く

I型のなんとも不思議なところは巻き上げ/巻き戻しのノブが一つで
行うところである。
そのため、スプールが時計回りに巻いていくようになり、裏蓋にも
ローラーを付けて・・・などなど凝った構造になっている。
しかし、結果としては「フィルムが送られているか判らない」
「巻き戻し時にフィルムがスプールとローラーに挟まって巻き戻せない
ときがある」 などなど・・・不具合が多い。
なぜこのような構造にしたのか?
CASCAをしみじみと見ていると、II型ではギアを入れてファインダー横
に一度軸を逃がしているのだが、これを止める方法の検討の一環・・
だったのだろうか?
(結局、ダークバックを使うことになる・・・(遠い目))

Casca16_20170326
 Culminar50F2.8 絞り解放 1/1000

記念すべき初撮りはロマンスカー(LSE)である。
CASCAの場合、I型とII型でファインダーがぜんぜん違うので構えた
ときにあれ?と思うことがあり、おかげできちんと構図が取れなかった。
まあ、クラカメは「ちょっと苦労するのが楽しい」のである(ち~ん)

追伸 2017.4.2

Ca11_20170402
 Culminar50F2.8 F=1:4 1/1000

「地元の人間としてはリベンジしなくては!(なぜ?)」ということで、
ロマンスカーを撮影した。
今度はまあまあの写りである。
ちょっと満足したのだが・・・どうも先幕が徐々に先行してしまう?
もしくは後幕がじわじわ遅れ・・・で、1/3が暗めになる傾向は変わら
ないようだ。
1/250くらいまでで使うのが無難なようである。

|

« 鉄道模型の工作状況 | トップページ | 青春のCONTAX RTS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65068757

この記事へのトラックバック一覧です: CASCA I型:

« 鉄道模型の工作状況 | トップページ | 青春のCONTAX RTS »