« ContaxI型を使う | トップページ | 鉄道模型の工作状況 »

2017.03.19

CASCAII用のCulminar50F2.8

季節はそろそろ春である。
春になると、なぜかクラカメを使いたくなる。

といいつつ、今回は「クラカメ用レンズをデジタルで撮影」の話。
(注:ちゃんと動作するボディ手配中)

Culminar501_20170319
 試行錯誤の結果、Culminar50F2.8をα7使用可能に

なにしろ特殊なマウントのCASCAIIである。
市販のアダプタが出るとは思えないので、仕方なく試行錯誤する。
結果として、以前なにかに使った「穴を開けたLマウントボディキャップ」
を薄く削って、パーマセルでレンズを固定することで使用可能になった。
ボディキャップをあとt0.2mm薄く出来れば無限遠が出るのかもしれないが
この状態でも20mくらいまではピンが来るので実用になる。

Culminar502_20170319
 室内で撮影

初撮影は当然チョコ君である。
撮影してみると、かなり赤っぽい画像になる。
描写としてはいい感じか?

ということで(ないが?) 外での撮影である。

Culminar503_20170319

Culminar504_20170319

やはり補正する前はかなり赤っぽい画像であったが、PhotoShopのレベル補正で
あっさり修正可能な範囲であった。
こうして画像を見てみると、後ボケがかなり暴れる感じ?がする。

Culminar505_20170319
 近接撮影

野外での撮影の後、室内で最近接撮影をする。
ヘリコイド付きM-αアダプタとの組み合わせなので、40cmくらいまで
寄れるのでいい感じである。

ああ、ちゃんと動作するCASCAIIのボディが欲しい(遠い目)

|

« ContaxI型を使う | トップページ | 鉄道模型の工作状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65034316

この記事へのトラックバック一覧です: CASCAII用のCulminar50F2.8:

« ContaxI型を使う | トップページ | 鉄道模型の工作状況 »