« CASCA I型 | トップページ | EktraとCASCA II »

2017.04.01

青春のCONTAX RTS

銀塩撮影が旬である。
デジカメばかり使っていると・・なにかこう「ココロが乾く」ような気がする。

ということで、このところ週末は銀塩カメラを使うのであるが、ふと
「高校生のときに苦労して購入したCONTAX RTSを使ってない」という
ことを思い出した。

考えてみると、もう10年以上使用していない。
(たまに電池を入れてシャッターが切れるか?を見るだけ)
これはいけない!

Rts1_20170401
 ボディを清掃し、レンズを揃えて撮影する

ということで、純正レンズが3本、それに先日使いそこなったローデンの
Rotelar135F4をY/C-M42アダプタ(これを発掘するのに時間がかかった)で
撮影を行う。
まったく、デジカメばかり使っていると、「それぞれ違う銀塩カメラ」という機材の
使いこなしを忘れてしまう。
やはり、ちょこちょく使わないとダメだ。

Rotelar135_20170401
 Rotelar135F4 絞り解放

さすがはローデlンシュトックのレンズ、見事にカッチリクッキリである。
このレンズ、デッケルマウント版と同じで2.4mまでしか寄れないのが
ちょっと困った。

Planar50_20170401
 Planar50F1.4 絞り解放

Planar50F1.4は、Rollei3003用のものも使っているが、Y/C版は
久々に使った。
ボケ味がいい感じ。

Sonnar85_20170401
 Sonnar85F2.8 絞り解放

中望遠は135F2.8を高校のときに購入したが、その後手放してしまった。
Sonnar85F2.8は社会人になって入手したレンズだ。
硬い描写・・という話を聞いていたが、実際に使ってみると、意外に
いい感じに柔らかい描写に感じる。
(ただし、後ボケはしっかりと暴れているが)

Distagon28_20170401
 Distagon28F2.8 絞り解放

こちらは高校時代に購入したもの。
たまに使うのだが、安定した良い写りのレンズだと思う。

銀塩カメラを使っていると、なにかこう・・・「そもそもはこういうものだよね」
という気持ちが湧いてくるのが心地よい。

|

« CASCA I型 | トップページ | EktraとCASCA II »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65094984

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のCONTAX RTS:

« CASCA I型 | トップページ | EktraとCASCA II »