« 青春のCONTAX RTS | トップページ | ALPA REFLEXで桜撮影 »

2017.04.04

EktraとCASCA II

桜の季節、今年はなぜか雨が多く撮影が難しい。

Tue3_20170404
 こういうときこそ「クラカメを堪能」

今年は「銀塩カメラを堪能したい」気分である。
そんな訳で、CASCA I型とII型を購入してしまった。
そうなると、桜撮影も当然銀塩撮影である。
快晴を生かしてKodak EktraとCASCA II(今回購入した方)の出番である。

まずはEktraの撮影結果。

Ek1_20170404
 Ektar50F1.9 絞り解放

さすがはEktar50F1.9、絞り解放では後ボケが大暴れである。
まあ、これがまた楽しいから良い。

Ek2_20170404
 Ektar50F1.9 F=1:2.8

絞り解放ではあれだけ後ボケが大暴れするのに、ちょっと絞ると
なんともしっとりとした描写になるから不思議である。
こういう「絞り値で表情が変わる」レンズは楽しい。

Ek3_20170404
 Ektar90F3.5 F=1:4

エクトラ用の交換レンズを1本持って行った。
90mmは安定した写りであるが、条件によっては後ボケはやはり
大暴れするタイプだ。

さて、次はCASCA II型である。
今回購入した「完全整備済のII型」なのだが、どうも付いてきたレンズが
明るいところではハレーションが盛大に発生する傾向にある。
以前から所有しているレンズと比較をする。

といいつつ、なぜか桜撮影を忘れてロマンスカーを撮り鉄。

Ca21_20170404
 ボディに付いていたCulminar50F2.8 F=1:5,6

フード取り付け用の枠を黒く塗装して反射防止したものの、やはり
ハレーションが発生する。

Ca22_20170404
 以前か所有のCulminar50F2.8 F=1:5,6

こちらはまあまあの写りである。
とはいえ、やや逆光気味で撮影するとかなり苦しい。

ふと気が付いたのは「CASCA IIのCulminar50F2.8で撮影すると昔の
写真になる」ことである(笑)
これはこれで、結構楽しい。

|

« 青春のCONTAX RTS | トップページ | ALPA REFLEXで桜撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65108576

この記事へのトラックバック一覧です: EktraとCASCA II:

« 青春のCONTAX RTS | トップページ | ALPA REFLEXで桜撮影 »