« ブロニカDxのオーバーホール | トップページ | 10年を経て「銘機礼賛3」 »

2017.05.27

Old Delft ALFINON50F2.8

東急百貨店のカメラ市である。
最近は行くとなにか見つけることが多い。

Old_del6_20170527
 欲しいと思っていたレンズを買う

今回はレクタフレックスで使うM42の中望遠レンズが欲しい・・と
探していたのだが、「あ、これいい」と見つけたのはALPA用の
オールドデルフト アルフィノン50F2.8である。
アルミ製で沈胴するタイプで、以前から所有している38F3.5の
兄弟である。

Old_del1_20170527
 ALPA 6bに装着して撮影する

このレンズ、本来は「沈胴しても大丈夫なアルネアタイプ」で使うべき
なのだが、Type4は壊れており、7は現在修理中。
ということで、ファインダーが明るい?(ALPAとしては)6bを使う。

Old_del2_20170527
 お座りするチョコ君(絞り解放) でトラブル発生

さっそくチョコ君を撮影する。
で、気が付いた・・「あ!45度ファインダーでは下向き撮影が出来ない」
チョコ君をお座り!させると、当然足元に来る。
そう、この角度ではカメラはかなり下向きにするのだが、このレンズは
距離計連動なので最近距離は1mなのでカメラは高めになる。
そうなると、45度では覗き込みにくいのである(呆然)
結局、「たぶんこんな感じだろう」という風に撮影することになった。
なるほど、アルネアの距離計付きファインダーはこういうときに有用
なのか、と納得する。

さて、続いてはお決まりの「ロマンスカー撮影」である。

Old_del3_20170527
 F=1:8 ちょっと古めの写りがまたいい感じ

Old_del4_20170527
 F=1:8 4線全部に列車がいるのが壮観

Old_del5_20170527
 F=1:8 この前面の側で撮影するのは初めて

このレンズ、なにしろ単純な構造なので、油断すると沈胴してしまったり
絞りリングが回ってしまったりするからちょっとだけ注意が必要だったり、
晴天の日にはF=1:8まで絞って撮影しなければいけないときには
ファインダーが真っ暗になって走行して来る電車が良く見えない・・など
使い方にコツが必要なのが楽しい。

一眼レフ用なのに「距離計連動ボディで使いたい」と思うレンズは、
それはそれでまた良いものだ。

追伸 2017.5.30

オールドデルフトのアルフィノン50F2.8、いい感じの写りなので
1/1000が使えるALPA 9dで撮影してみた。

Tue4_20170530
 ALFINON50F2.8 F=1:5,6

Tue5_20170530
 ALFINON50F2.8 F=1:5,6

快晴かと思うと雲が出てくるような天気、カラフルでかわいいデザインの
世田谷線、そしてレンズが「オランダ製」と来ると、なぜかヨーロッパの
風景に見えるから不思議である(注:個人の感想です)

|

« ブロニカDxのオーバーホール | トップページ | 10年を経て「銘機礼賛3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65335106

この記事へのトラックバック一覧です: Old Delft ALFINON50F2.8:

« ブロニカDxのオーバーホール | トップページ | 10年を経て「銘機礼賛3」 »