« 路面電車のトラバーサ(3) | トップページ | LeicaDIIとヘクトールとビドム »

2017.06.15

路面電車のトラバーサ(4)

トラバーサの改良は続く。

Thu3_20170615
 転車台を平行に動かすためのスライド部を作る

3.0φの真鍮棒を2本平行に置いたスライド部を作成した。
これにより転車台が平行に進むようにするためである。

Thu4_20170615
 動力部との連結部分、結構凝っている

動力部とは左右の動きだけが伝わる構造にした。
このようにすれば、転車部のと台枠との構造を独立で調整が可能になる
からである。

Thu5_20170615
 動作確認をする

動作確認をすると、完璧とはいいがたいが一応合格?という
感じである。
あとは転車台側の方で指定位置でピタっと止まるしくみを考えるのが
良さそうである。

ということで、次は「ややディテール色のある工作」が出来そうだ。

|

« 路面電車のトラバーサ(3) | トップページ | LeicaDIIとヘクトールとビドム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65415552

この記事へのトラックバック一覧です: 路面電車のトラバーサ(4):

« 路面電車のトラバーサ(3) | トップページ | LeicaDIIとヘクトールとビドム »