« いさみやの1/80の軽便タンク機(5) | トップページ | 花巻デハの動力交換(1) »

2017.08.13

新小型レイアウトの作成

お盆休みである。
天気が安定せず、雨になるやら?晴れるやら?
共通点は猛暑(怒)

それはともかく、1/80 いさみや雨宮タンクのテスト走行をやっている
うちに「この線路配置を元に緒方レイアウトを作るか?」ということに
なった。

R140に6%勾配、かなり厳しい条件である。
これに加えて、レイアウトは小型/軽量を目指す。

Sun1_20170813
 サイズは600x350

小サイズを目指しつつも、最小限の運転スペースは確保したい。
結果として、台枠の長さは600mmとした。

Sun3_20170813
 軽量化のため台枠は細い材料を使う

実はもっと前から「軽量化指向のため試してみたい」と思っていたことが
あった。
それは「台枠の素材を細いものを使う」ことである。
今回の台枠の枠材は、厚さ5mmと極めて細い。
また、使う材料を減らすために、路盤はクッキーカッター式を全面的に
採用した。
強度を上げるために、高くなっている路盤部を薄ベニヤ板でBOX構造
を構成している。

Sun4_20170813
 さらに「静音化」を試す

DCCサウンドを採用して「レイアウト側の静音化」をしたいとあれこれ
試行錯誤してきた。
今回、以前運転スペースで「ゴム臭」で悩んで止めになったゴム路盤を
試すことにした。
軽便鉄道であれば、ゴム路盤の面積を最小限に出来るだろう、という
ことである。
結果としては・・・まあ、仕方がないか?という臭いはするものの、確かに
静音化は効果が出ているようである。

追記 2017.8.14

Mon5_20170814
 あれこれと細かく整備していく

昨日線路を敷設しただけだったレイアウトを整備していく。
 ・不揃いになっているカーブの修正 
 ・脱線しやすいS字カーブをR140から緩いカーブに修正
 ・勾配を滑らかにするために補強を入れる
 ・ポイントを追加
 ・正式にフィーダを付ける
 ・台枠の角を2ケ所カット
 ・クッキーカッター部に補強追加

Mon6_20170814
 角をカットして配線などをこの部分に持って来る

私はレイアウトを仕上げるのがどうも苦手なのだが、その中でも
コーナー部をどう仕上げたらいいのか?にいつも悩んでいた。
最近作成するレイアウトでは、コーナー部をカットすることで
その悩みを解消するとともに、移動時にぶつからないようにと
利便性も満たしてきた。
今回はさらに「この部分にコネクタ部を持って来れば楽」という
発想である。

さて、ここからどう仕上げて行くか?

|

« いさみやの1/80の軽便タンク機(5) | トップページ | 花巻デハの動力交換(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/65660813

この記事へのトラックバック一覧です: 新小型レイアウトの作成:

« いさみやの1/80の軽便タンク機(5) | トップページ | 花巻デハの動力交換(1) »