« 路面電車(勾配あり)のレイアウト(2) | トップページ | FOCAFLEX »

2018.06.08

KATOのクモハ12のモータ交換

久々の工作。

Kumo1_20180608
 KATO クモハ12を開ける

購入時に走行テストを行うと、長いエンドレスを走らせるとなぜか速度が
早くなったり遅くなったり、勾配では自車の登坂がやっと・・・があって
「なんとかならないか」と思っていた。
(注:個人の感想です)

ようやくヤル気になったので、ボディを開けてみる。
構造は見慣れたKATOの形式である。

Kumo2_20180608
 モータをIMON Miniに交換

もうちょっと大きなモータ?とも思ったが、「小さい方が横から見た
ときに目立たない」ので、使い慣れたIMON Miniに交換した。

Kumo3_20180608
 将来のDCCサウンド化対応のためにソケットを取り付け

いずれはDCCサウンド化する予定なので、ソケット(4ピン)を
取り付けた。
ところで、この車両のライトは台車からの集電部に直刺しである。
そうなると、どうやってデコーダにつなぐのか?謎である。

Kumo4_20180608
 牽引力測定(自重154g) を実施

恒例の「牽引力測定(通称:いじめ)」を行った。
2%勾配を200gの重量貨車を牽引して登ることが出来た。
もう少し補重して空転しないようにすれば、もうちょっと数値は
良くなるのではないか。

|

« 路面電車(勾配あり)のレイアウト(2) | トップページ | FOCAFLEX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31629/66806721

この記事へのトラックバック一覧です: KATOのクモハ12のモータ交換:

« 路面電車(勾配あり)のレイアウト(2) | トップページ | FOCAFLEX »