« Two-Foot Model Works 谷村タイプGL(5) | トップページ | KODAK EKTRAと蒼い空 »

2019.10.25

Two-Foot Model Works 谷村タイプGL(6)

まだまだ続く、谷村GLワールド!
2両目はRM LIBRARYを見ながらディテールを検討する。
 
Fri4_20191025
ボディ/床板分離のままディテール追加する
将来的な追加加工を容易にするため、ボディ/床板は
分離可能にするための構造を考えていた。
2両目はキャブ後部の箱?は止めて、砂箱/デッキの
構造にするのだが、そのためにステップというか独立の床板を
t0.3真鍮板を切り抜いて折り曲げの脚付きにする。
過度はL字形になるように切るので面倒である。
キャブから出っ張るモータ後部に干渉しないよう現物合わせで
加工していく。
 
Fri5_20191025
床板の次は砂箱
床板の作成でモータ後部の干渉がない寸法が判ったので、
砂箱を作成する。
本来は下部は隙間があるのだが、モータを避けるために
床板まで一体になる。
 
Fri2_20191025
デッキ手スリを付ける
0.4φ洋白線で手摺を付ける。
この工作そのものはどうということもないのだが、16番の
車両では0.5φ~0.6φで作るものを、0.4φにすると先端が
細くて良く見えない(涙)
 
Fri6_20191025
前位手スリも一工夫
床板分離のため、前位手スリは下に1.0mm幅帯板で小さな
張り出し部を付けてそこに差し込む。
1.0mm幅に0.5φの穴を開けるのが「み、見えない」
 
Fri7_20191025
どうにかモータは納まった
現物合わせであれこれ苦労して、どうにかモータを収めた。
令和の時代の「小型高性能モータ」の時代でも、こういう苦労は
まだまだ続くのである(ち~ん)
 
Tue1_20191112
後ろのヘッドライトは屋根上
2両目は変化を付けるため、後ろのヘッドライトは屋根上に
付けることにした。
ドリルレースしたものに下から0.6φ洋白線を刺すのだが、
1個失敗して潰してしまった。
 
Tue2_20191112
ヘッドライトを左の寄せて付ける
NEKOの魚梁瀬の本を見ると、ヘッドライトが片方に
寄せて付けられているものがあるのに気が付いた。
さらに調べると、谷村GLは木炭ガス発生機を最初から
装着して生産されたものがあり、発生器を避けて
ライトが付けられたらしいことが判った。
それをやってみたいのだが・・・
取付後に資料を見返すと「あ、右側だった」
まあ、スケールではないのでなんとなくそうなっていれば
いいかと妥協する。
 
Tue3_20191112
ラジエターグリルの固定方法
ラジエターグリルは接着にしたのだが、4隅をチョコっと
接着するだけではどうも心もとない。
どうしたものか?
結局、ローテクで「接着面積を増やそう」ということで、
下側に帯板を付けて接着面積を増やした。

|

« Two-Foot Model Works 谷村タイプGL(5) | トップページ | KODAK EKTRAと蒼い空 »

コメント

こんばんは。次々に車両落成(祝)

後ろの箱を柵にすると印象がガラッと変わりますね。
工作はかなり手間が掛かるようですけれど、その甲斐が充分過ぎる程に報われて、じつに魅力的でスタイリッシュに感じます。
好いですね、カッコいいなぁ。

投稿: 庶茂内みのる | 2019.11.01 00:14

みのるさん、こんにちは
谷村GL、林鉄ロコでは珍しいロット式でカワイイですよね。
2両目はキャブ後ろの箱?を外して台枠を短くしたかった(そういうタイプも実際にある)のですが、ギリギリでアル0610がはみ出すのでもう一つのタイプ(品箱/簡易デッキ?)にしてみました。
ところでみのるさんの「戻れない道計画」を読んだら、地鉄車両をやりたくなって、16番のある車両の工作を開始しました(笑)

投稿: ム | 2019.11.04 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Two-Foot Model Works 谷村タイプGL(5) | トップページ | KODAK EKTRAと蒼い空 »