« トーマモデルのプラシェイ(7) | トップページ | CONTAREX用のDistagon35F4 »

2020.09.02

猛暑の中エクトラで撮影

長雨が続いた後の猛暑。
せっかくの晴れなので辛くても銀塩撮影をする。
 
Ek90_20200902
Ektar90F3.5 F=1:8
このネガは、現像後にスキャンするとかなりアンダー。
このエクトラは秋から冬に使うとシャッター速度が
1/1000が1/250くらいになってしまうのだが、猛暑下で
使うとしっかり1/1000になることが判った。
(夏カメラか!=>Ektra)
 
Ek5019_20200902
Ektar50F1.9 絞り解放
シャッター速度は1/50だったが、低速側も正確だった。
今回のボケ味は割とおとなしい感じ。
 
Ek35_20200902
Ektar35F3.3 F=1:5,6
シャッター速度が正確?なのが判った後で再度撮影。
(さらに猛暑日)
今年の夏は晴れても雲が多く、なかなかスカッと快晴の
空をバックに入れることが出来ない。
 
Ek5035_20200902
Ektar35F3.5 絞り解放
地味な外観ながらコンパクトでEktraと組み合わせて使うと
便利なレンズ。
落ち着いた発色と描写が使いやすい。
 
Ek135_20200902
Ektar135F3.8 絞り解放
今回の撮影ではこのレンズが撮影したものが好ポイントだった。
Ektraは50~254mmまで内蔵ファインダで撮影可能なので
 
猛暑の中でエクトラを使うと余計に汗だくになるが、
結果を見ると楽しくなる。
 
注意!
ここに記載されていることは「私の個人的経験」です。

|

« トーマモデルのプラシェイ(7) | トップページ | CONTAREX用のDistagon35F4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トーマモデルのプラシェイ(7) | トップページ | CONTAREX用のDistagon35F4 »